おはようございます!今回は福岡市西区にお伺いして伊万里焼や茶道具、書道具や掛軸、弓矢、古本、模造糖など買取させていただきました。
この香炉は銀の蓋で本体は唐銅の古い茶道具です。明治期の古いもので中国製のものかと思われます。
銀の刻印はありませんが艶や色合い、経年変化から見て純銀だと思われます。
銀の蓋には鳳凰が透かし彫りされています。

茶道具買取・福岡
鳳凰(ほうおう)とは中国の神話に由来する伝説の鳥です。36種の羽を持つ動物の長であり、聖天子が治める平和な世にのみ姿を現わすとされています。全体はクジャクに似ていて、頭は鶏、あごは燕、頸は蛇、背は亀、尾は魚で、黒、白、赤、青、黄の五色からなり、高さは六尺ほどとされます。めったに実を結ばないという竹の実を食し、梧桐(あおぎり)の木にのみ止まると言われます。西洋では、東洋の不死鳥ともみなされ、「中国のフェニックス」と呼ばれることもあります。
なお鳳凰は「おめでたい事が起こる前兆」と言い伝えが有り、羽のある生物の王とされています。 古代より「徳の高い君子が位に就く時に現れる」と伝えられ、中国における宮中行事において用いられてきました。 その名残が日本にも伝わり、鳳凰枠で囲まれた賞状の受賞者は立派な人という意味が込められています。
骨董品買取の福岡玄燈舎では茶道具の香炉を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。
なお福岡市内県内は無料出張査定いたします。