骨董品買取の福岡玄燈舎です。今回の出張買取は福岡市城南区にて
茶道具、書道具、掛軸、古本、おもちゃ、切手等査定買取り致しました。
この焼物は絵唐津の菓子皿です。唐津の茶碗は古くから「一楽二萩三唐津」と称されて名高いです。分派の武雄古唐津焼と共に、日本の伝統的工芸品に指定されています。

唐津焼は、「砂目(すなめ)」と呼ばれる粗くざっくりとした土味と渋い色調が特徴であり、これが素朴さ、温かさ、力強さという唐津焼の魅力を表しています。また、唐津焼は「作り手八分、使い手二分といわれるように、使われることで完成する」焼き物であると言われています。
それは、唐津焼が料理を盛ることで完成する芸術品であり、“用”のための器であること、また、使うほどに土色が変化し、貫入(釉薬に発生するヒビ割れ)が入ることで味わいが増し美しくなり、それが唐津の魅力の一つです。特に古唐津においては「景色(けしき)」「土味(つちあじ)」「手ざわり」「映り(うつり)」「古色(こしょく)」の要素をより強い魅力をひきだしています。
骨董品買取の福岡玄燈舎では茶道具や唐津焼を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。福岡市内県内は無料出張査定致します。