こんにちは骨董品買取の福岡玄燈舎です。先日の出張買取は福岡県春日市にお伺いいたしました。
茶道具や掛軸、書道具、着物や陶磁器、おもちゃや模型など多彩な買取をさせて頂きました。
その一つに茶道具の香合が沢山ありました。貝合わせやヒノキ、高取焼や九谷焼、中国陶磁の物など
合計で50個ほどあり純銀の物もありましたので高価買取させて頂きました。ありがとうございました。

茶道具を買取ります。
香合とは、香を収納する蓋付きの手に収まる小さな容器で、仏具として焼香、抹香、また塗香入れに用います。また茶道具としても使用されます。合子(ごうす、ごうし)ともいいます。
香は薫りが命なので蓋がぴったりと合う器が必然とされました。手に収まるサイズであれば、形・材質を問わず香合として使えます。中に入れる香木が、貴重なため容器自体が丁寧に作られ、また大切に扱われたことで、古くから美術価値のある香合が多数伝わりました。そして香合には大きく分けて「陶器」、「漆器」、「金属」の三種類があり、湯を沸かす「炉・風炉」同様、季節に合わせて使い分けます。
陶器製・・・11~4月。線香を入れるために用いる。
漆器製・・・5~10月。角割りにした香木を入れる。
金属製・・・季節問わず使用可能。
このほか、ハマグリやツキヒガイなどの二枚貝の貝殻を使った香合(季節関係なく使用可能)もあります。
骨董品買取の福岡玄燈舎では香合など茶道具を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。
福岡市内県内は無料出張査定致します。