骨董品買取の福岡玄燈舎です。本日は福岡県春日市にて茶道具、掛軸、中国陶磁、有田焼など買取り致しました。

煎茶道具の買取
この茶器は古いですが刻印の入った中国の茶托です。中国茶の茶托 唐時代に喫茶の風習が始まった中国でも、熱湯を入れた茶碗を直接持たなくてもいいようにするための道具があったとされます。 しかし茶の飲用方の変化によりその後廃絶、近年の茶芸によって復活しました。 形式には、茶杯だけをのせる円形の物、茶杯と聞香杯をのせられる長方形・楕円形の物があるようです。
今では茶托という名称が一般的ですが、江戸時代には「茶台」「托子」と呼ばれていたようです。
茶台は、円形の台に脚がついた物・鐔のある物・平たい物など、形状は様々です。茶台は主に仏具として使われますが、茶道では天目台・煎茶道では献茶の際に使われます。江戸時代中期、杯(盃)と杯台(盃托)が輸入されるようになり、杯が茶碗に転用される際、杯台が茶托として使われるようになったそうです。 中国の杯台を見ると、現在の煎茶道で使われる茶托とほぼ同じ形状です。ありがとうございました。
骨董品買取の福岡玄燈舎では茶道具を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。
福岡市内県内は無料出張査定致します。