こんにちは。骨董品買取の福岡玄燈舎です。
先日の出張買取では福岡市中央区より茶道具を大量にお預かりいたしました。
茶碗や棗、茶入れや鉄瓶、釜や茶杓など総数300点ほどの買取でした。
茶道具買取/福岡市・骨董品
ありがとうございました。その中の茶杓で「鵬雲斎」銘の物があり高価買取させて頂きました。
鵬雲斎である千 玄室は、茶道裏千家前家元15代汎叟宗室です。斎号は鵬雲斎で若宗匠時代は宗興と名のります。現在は大宗匠・千玄室と称します。「玄室」の名は、裏千家4代目の仙叟宗室が宗室襲名前に玄室と名乗っており、これに因んで12代直叟宗室が隠居した際に玄室を名乗ったことに由来します。本名は千政興です。
汎叟宗室 鵬雲斎の好みとされる茶道具は、“わびさび”を感じる古風なもの、世界各国の人が理解できる豪華絢爛で、意匠性の高いものと、多岐にわたります。有名どころでは「遠山釜」「鶴雲釜」「行雲棚」「四季草花棗」「茶碗松島」「南鐐皆具」があり、写しも人気を博しています。また、自作の茶道具も「茶杓」「手造樂茶碗」「手造大樋茶碗」など数多くあり人気です。

骨董品買取の福岡玄燈舎では茶道具を買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。
福岡市内県内は無料出張査定致します。