骨董品買取の福岡玄燈舎です。今回の出張買取は福岡市城南区で書道具や茶道具、三味線や着物、
掛軸や仏画など買取させて頂きました。ありがとうございました。
この写真は亀文堂の古い鉄瓶です。「正平」という文字もあります。
亀文堂は滋賀県の湖東地方(能登川)で主に鉄瓶を製造していた鉄瓶製造業者です。
1813年、京都に生まれた波多野正平によって創業者されました。
鉄瓶・茶道具の買取
波多野正平の家業は醸造業でしたが、15歳の時に弟の秦蔵六と共に、当時鋳金術の名工として知られていた京都の「龍文堂」の四方安之助(安平・1780~1841)に師事しました。蝋型鋳造(ろうがたちゅうぞう)の技術を学び、後に近江(滋賀県)の能登川(現 東近江市)に移り住んで独立し、その工房を「亀文堂」と号しました。
亀文堂の創業初期には、鉄瓶だけでなく、文具や銅器などの制作もおこなっていました。しかし、それまで高級品だった鉄瓶が庶民に普及した幕末以降は、蝋型鋳造の技法を使って、鉄瓶制作に力を入れるようになります。
既存の蝋型鋳造技法にとどまらず、銀を使った象嵌細工などを施し、高級品・美術品としての価値を高めていったのが、初代亀文堂の特徴です。波多野正平が亡くなると、二代目・三代目に引き継がれていきますが、残念ながら二代目の記録はほとんど残っていません。三代目亀文堂・安次郎は、伝統的な鉄瓶ではなく、花器や置物、香炉が多かったとされています。初代亀文堂の作品ほど有名ではありませんが、精密な文様が施された銅器は、まさに亀文堂の技法を引き継いでいる作品と言えるでしょう。
骨董品買取の福岡玄燈舎では茶道具、鉄瓶など買取り致します。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。
福岡市内県内は無料出張査定致します。