先日は福岡県のとあるお宅より古いはがきや切手、古書が沢山あるので出張査定に来てほしいとのご連絡があり早速、伺いました。こちらのご先祖さんは戦前に満州や朝鮮でご商売をされていた方で戦後、家財を一式持ち帰ったそうです。今回はその中の一部ですが売りたいとの事でお話をされました。骨董品としては中国の焼物や掛軸が数点あるくらいでしたが古い戦前のアルバムや昭和初期の絵葉書、古い写真などが段ボール箱5箱くらいありましたので時間がかかると思われ2、3日預かって査定をいたしました。戦前の満州、支那、中国、朝鮮、台湾の風俗や街並みが一目でわかるような貴重な絵葉書や白黒の写真等とても資料になると思われる昭和戦前の物ばかりだったので高価買取致しました。絵葉書の始まりは絵または写真が印刷された郵便はがき。通常は絵の面と,通信およびあて名を記す面が,表裏別になっているものです。1870年普仏戦争のときドイツで官製はがきに兵士と大砲を印刷したものが最初とされています。19世紀末には英国およびヨーロッパで絵はがきの収集が流行しましたが日本でも1900年に私製はがきの発行が認められ,1902年には官製の絵はがきも発行されて人気を呼んだそうです。手紙の便箋や封筒に絵をあしらうことは古くから行われ,郵便はがきが制度化される以前にも,封筒に入れないカードが郵送された例(1868)が北ドイツなどにあります。1870年の普仏戦争のとき,絵入りの慰問はがきがフランスやプロイセンでつくられたといわれ,同年ドイツのA.シュワルツが官製はがきに兵士と大砲を印刷したものが一般には最初の絵はがきといわれているようです。風景を印刷したものとしてはチューリヒのロシャーJ.H.Locherの手になるものが最古といわれております。そんな古い歴史のある絵葉書ですが資料の他、古いヨーロッパの絵葉書などはインテリアでも活躍しています。
■骨董品買取の福岡玄燈舎では戦前の古い昭和絵葉書を買取致します。受付年中無休 050-3569-2100