骨董買取の福岡玄燈舎は骨董品や古美術品、アンティーク、昭和レトロな物から着物、古書、切手、茶道具、掛軸など古い物を買取ります

骨董買取の福岡玄燈舎では甲冑、鍔を買取ります!

◎甲冑について…

甲冑や鎧兜や武具などの古美術品は高価買取致します

甲冑とは胴を守る「鎧」と頭を守る「兜」で構成された武具で、日本では主に侍や武士が身に着けていました。例外的に戦場に駆り出された農民や商人も甲冑を付けていました。後に消化の蔵や納屋に甲冑が見られるのもその名残だと思われます。日本では弥生時代や古墳時代の遺跡から甲冑が出土していますが、本格的に発達したのは武士が歴史の表舞台に台頭する平安時代からで、武器や戦い方の変化に応じて甲冑の形式や素材が変化していきます。

甲冑の種類

甲冑は大きく分けて「鎧」「兜」「具足」に分けることができますが、時代によって甲冑の形式にも違いが出てきます。
平安時代の甲冑は騎馬戦に適した「大鎧」と徒歩戦に適した「胴丸」、そして鎌倉時代 胴丸が発展した「腹当」「腹巻」、戦国時代になると西洋甲冑などの影響を受け、さらに進化した「当世具足」になります。最後には江戸時代は主に装飾品としての甲冑がもてはやされました。なかでも、武器の幅が広がった戦国時代の当世具足は多種多様な甲冑の形状を見ることができます。また、大将と足軽など、階級によって装備の内容に違いがあり、武将が身に着ける甲冑は権威を象徴するため、大ぶりな飾りなどがついた装飾性の高い甲冑も見ることができます。

ヨーロッパの甲冑を輸入して改造した「南蛮胴」「南蛮兜」も存在します。徳川幕府が成立し、太平の世となった江戸時代は甲冑が使用されることもなくなり、次第に実用品から装飾品の甲冑に変化していきました。各藩お抱えの「甲冑師」が鍛鉄技術や工芸的技術を競い合い、華やかで質の高い美術工芸品としての甲冑が作られたほか、飾ったときに立派に見えるよう実用品にはない装備が付加されるなど、甲冑としてはそれまでとは異なる方向へ発展します。さらに、江戸時代中期になると当世具足以前の鎧に注目が集まり、平安時代の甲冑の大鎧や胴丸、鎌倉時代の腹巻などの「復古調」の甲冑も作られています。代表的な甲冑は春田派、岩井派、明珍派、早乙女派、左近士派、脇戸派、小泉派、市口派、馬面派、根尾派、宮田派、長曾祢派など、甲冑師の作品が人気です。

◎刀装具の種類…

模造刀

■刀身(とうしん)
刀の本体の事です。切断部位のある刃と、グリップの芯として柄に収まる部分である「茎(なかご)」があります。刀の長さは刃の部分だけを表し、茎には製作者の「銘」や、刀そのものに名付けられた「号」などを刻むことがあります。 また、刀身には彫金が施されることもあり、梵字や俱利伽羅龍など、武人の守護を祈るものが多くなっています。
■鎺(はばき)
鎺とは刀身の手元寄り、鍔の直上に取り付けられる金具です。鞘の入り口である「鯉口(こいくち)」の径よりもわずかに大きいことで、納刀状態で刀が鞘から抜け落ちないよう止める機能をもっています。金や銀、赤銅などで作られ、ここにも家紋などの装飾を施すことがあります。

■鍔(つば)

刀の鍔は骨董買取の福岡玄燈舎にお任せください
刀身と柄の間に設置される、円盤状あるいはプレート状などを呈する部品です。敵の斬撃から自身の手元を守る「シールド」であり、逆に手が刀身へと滑って自ら傷を負わないための「留め」でもあります。 形状も実に多岐にわたりますが、刀装具のなかでもとりわけ装飾性への自由度が高く、彫金や象嵌など金工芸術の粋が用いられたものが多くあります。

■柄(つか)

刀は骨董買取の福岡玄燈舎にお売り下さい
刀のグリップのことですが、特徴的な菱形模様をイメージするものの内部構造はあまり知られていません。柄は基本的に木材を芯材として、その上に「鮫皮」をかぶせ、「目貫」と一緒に柄糸を巻き、柄頭や鍔元に金具を取り付けます。 刀の茎には「目釘穴」という穴が開けられており、柄にもその位置に合わせて穴を開け、竹などで作った「目釘」を通して両者を固定します。鮫皮とは、サメではなく「ガンギエイ」という南方産のエイの皮のことで、現在ではわさびおろしに使われているのを見ることができます。顆粒状の細かい突起が美しく、滑り止めにもなるため刀の柄に重宝されました。

■目貫とは柄の両側に設けられる植物や動物などの意匠を用いた金具で、古い時代にはこれで刀の茎と柄を固定したといいます。 やがて固定は目釘のみで行われるようになり、装飾性が優位なものとなりますが、柄を握ったときのバランスに影響するという説もあります。

■柄巻は糸や皮などで行いますが、その巻き方には様々な種類があります。日本刀独特の菱形模様が目を引き、その盛り上がった部分の芯には三角形に折り固めた和紙などが使用されます。柄頭や「縁金(ふちがね)」と呼ばれる鍔元の金属部品にも、装飾が施されたものが見られます。

■切羽(せっぱ)
「切羽詰まる」の語源になったとされるこの金具は、ほとんど目立ちませんが刀を構成するうえで欠かせない重要なパーツです。 刀身の断面型の穴が開いた、小さく薄い二枚一対の小判状の部品であり、一枚は柄の上部と鍔との間に、もう一枚は鍔と鎺との間にそれぞれ取り付けます。

■鞘

武具
鞘は、刀身を収納するだけではなく腰に差したまま容易な携帯を可能とし、しかも埃や湿度などにも一定の防御機能を有しています。材質には軽くて粘りがあり、油分は少なくてしかも反りにくい性質の「朴(ほお)」の木がよく使われます。打刀の場合は表面に黒漆や朱漆を塗って仕上げることが多いですが、金蒔絵や螺鈿などの装飾も施されます。 腰に差した際の外側にあたる部分、帯の上あたりには「栗形(くりがた)」と呼ばれる半月状の突起が設けられています。これには長軸に向かって細長い穴が開いており、「下緒(さげお)」という紐を通せるようになっています。下緒は組み紐であることが多く、鞘が帯から落ちないように止めるだけではなく、敵を捕縛したり止血に使ったりと、様々な用途をもつアイテムでもあります。また、打刀の鞘には「返角(かえりづの)」という角状の突起をもつものもあります。 これは帯の下側に引っ掛かり、容易に腰から抜き取れないようにするためのストッパーの役割を果たします。さらに、柄には鯉口の両側に「小柄(こづか)」という小型ナイフのようなものと、「笄(こうがい)」という先の尖った昔の整髪道具を収納するソケットが設けられることもあり、様々な機能をもっていたことがわかります。

 

■高価買取のポイントは…

その1…時代が古く、状態のよい甲冑や刀装具
その2…彫金、漆などが施された芸術性の高い甲冑や刀装具
その3…南蛮胴や特徴的な飾りがついた兜など、珍しい甲冑や刀装具
その4…装備品が一式揃った甲冑や刀装具

■家の中のどこに眠っている?お宝を発掘しましょう!

殆どの甲冑や武具は忘れ去られて家のどこかの場所に収められています。
可能性が高い場所は…
①押し入れ…着物や洋服などと一緒に収められているので状態の良い刀装具が眠っています。
②戸袋…とても古い骨董やアンティーク品が良く出てくる場所です。埃や汚れも溜まっていますが刀装具などはよく新聞に包まれて眠っているのを見かけます。
③倉庫や蔵…今まで見たことのない古い時計や骨董品が良く出てくる場所ですね。甲冑はココに眠っています。
④中二階、隠れ部屋…この場所からは超高額なアンティークや骨董品などのお宝が良く出てくる場所ですがほとんど改築されていたり片付けられている秘密の場所です。甲冑が残っていましたらラッキーですね

甲冑、鍔 骨董出張買取の流れ

■まずはお電話下さい。日時をご相談します。

電話
★電話番号を押すと発信できます。

決済

商談成立して終了です!

★尚、メールでのお問い合わせはコチラ

★わからない事や聞きたい事などなんでも気軽に下の「LINE」からでも問い合わせできます。
勿論、骨董やアンティークもコチラから写真査定できます。(24時間OKです!)

友だち追加

①まずはクリックして「友達追加」もしくはQRコードで追加ボタンをタップして「玄燈舎」を友だち追加してください。
②次に聞きたい事や質問、写真など送って下さい。折り返しお返事致します。(少しお時間頂く場合があります)

 

〒818-0101
福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
骨董 アンティーク買取の「玄燈舎」福岡050-3569-2100