明珍は骨董買取の福岡玄燈舎が買取ります今回は明珍の香箸です。明珍の火箸とは、播磨国姫路藩(現在の兵庫県姫路市)において、19世紀頃、姫路藩主である酒井家などに仕えていた明珍家(甲冑師の一族として名高い)がその技術を活かして作り始めた火箸です。現在では兵庫県指定伝統工芸品に指定されていますね。火箸の型は、20種類程あり、現在代表的なものはツクシ型、ツヅミ型、ワラビ型、カワクギ型の4種類あります。火箸の需要が落ちた現在では、火箸を利用して風鈴が作られているようです。ここで少し明珍家についてお話しいたします。明珍家は平安時代から職人として続く家系で、現当主は52代目となる明珍宗理という方です。もとは甲冑師の一族で、12世紀半ばに近衛天皇に鎧と轡を献上し、天皇より類まれなる珍器と称賛されて「明珍」の名を賜ったとされるます。江戸時代に幕府大老酒井家のお抱え甲冑師となり、酒井家の転封に従い姫路に定住したといわれています。写真の明珍は香箸といって煙草盆の中に組み込み、火入の火を調整するための小さな火箸です。 香箸は、香火箸ともいいます。 香箸は、灰吹(はいふき)の右側へ、頭を向側へもたせて置きます。 香箸は、武者小路千家では苞(つと)に納めて、煙草盆に仕組みます。

★玄燈舎では明珍火鉢を買取致します。ほかにも骨董や着物、茶道具 書道具レトロな家具やオモチャ、古本、楽器、コレクション品、切手や昭和の古い物など出張買取致します。骨董やアンティーク、着物をお売りになる時は是非、福岡太宰府の玄燈舎へご連絡ください。

はじめてのお客様

入口 ホームページの入り口はコチラ

電話

*上の電話番号を押すと電話がかかります。

★わからない事や聞きたい事などなんでも気軽に下の「LINE」からでも問い合わせできます。
勿論、売りたい物もコチラから写真査定できます。(24時間OKです!)

友だち追加
①まずはクリックして「友達追加」もしくはQRコードで追加ボタンをタップして「玄燈舎」を友だち追加してください。
②次に聞きたい事や質問、写真など送って下さい。折り返しお返事致します。(少しお時間頂く場合があります)

〒818-0101 福岡県大宰府市観世音寺1-19-25-2F
骨董買取の「玄燈舎 福岡」050-3569-2100