骨董買取の福岡玄燈舎は骨董品や古美術品、アンティーク、昭和レトロな物から着物、古書、切手、茶道具、掛軸など古い物を買取ります

鉄道模型や看板買取ります!

■国内の鉄道の歴史…

有名なのは日本の旧国鉄と戦前に存在した満州鉄道です。
それ以前の日本の鉄道はというと日本の鉄道は明治5年9月12日(1872年10月14日)に、新橋駅 – 横浜駅間で正式開業しました。その後、東海道線(明治22年(1889年)全通)北海道の幌内鉄道や釜石鉄道、日本鉄道が設立されました。日本鉄道に北海道炭礦鉄道、関西鉄道、山陽鉄道、九州鉄道を加えたものは、明治の「五大私鉄」と呼ばれております。1885年(明治18年)には、阪堺鉄道が難波駅 – 大和川駅(後に廃止)間を開業しますが、これは後に南海鉄道(現在の南海電気鉄道)の南海本線の一部となり、純民間資本としては現存する最古の私鉄となっているようです。一方、官設鉄道(国鉄)でも東海道本線を全通させています。
戦前時刻表は骨董買取の福岡玄燈舎にお売り下さい
時刻表

日本国有鉄道とは…戦後、鉄道開業以来、国営事業として鉄道省などの政府官庁によって経営されていた国有鉄道事業を、独立採算制の公共事業として承継する国(運輸省)の外郭団体として1949年(昭和24年)6月1日に発足しました。しかし1987年(昭和62年)4月1日の国鉄分割民営化に伴い、JRグループ各社及び関係法人に事業を承継し、日本1998年(平成10年)10月22日解散に解散しました。

鐡道関係
旧国鉄関係

満州鉄道とは…
日露戦争でロシアを破った日本は、ポーツマス条約で遼東半島南部の租借権を継承し、1906年に長春―旅順間の鉄道及び鉱山開発を行う南満州鉄道株式会社を設立しました。これがいわゆる「満鉄」といわれる鉄道会社です。南満州鉄道の略称。日露戦争の勝利で得た東清鉄道支線をもとに、1906年に設立された半官半民の国策会社。長春~大連間の鉄道本線のほか炭鉱、製鉄、汽船、電業、ホテル、映画などの一大グループを築きました。本社は大連にありましたが日本敗戦で中国に接収され、敗戦後に39年の歴史に幕を降ろしました。

鉄道関係買取ります

上に挙げた鉄道の関係資料で当時の写真や時刻表、手紙や古地図、鉄道模型や鉄道雑誌、看板やサボ、標識などの払い下げ品など戦前から昭和40年代位の資料になるものを中心に買取致します。ご自宅やご自身のコレクションにお持ちの方は是非、骨董買取の福岡玄燈舎にご連絡下さい。高価買取させて頂きます。

■高価買取のポイントは…

その1…状態の良い鉄道関係の物
その2…よりオリジナル度が高い鉄道グッズ
その3…鉄道時計などの稼働する機械物
その4…本や雑誌などで落丁や破れが少ない鉄道資料

■家の中のどこに眠っている?お宝を発掘しましょう!

殆どの鉄道関係物は忘れ去られて家の中のどこかの場所に収められています。
可能性が高い場所は…
①押し入れ…着物や洋服などと一緒に収められているので状態の良い鉄道資料が眠っています。
②戸袋…とても古い骨董やアンティーク品が良く出てくる場所です。埃や汚れも溜まっていますが鉄道模型などはよく箱に入って眠っているのを見かけます。
③倉庫や蔵…今まで見たことのない古い時計や骨董品が良く出てくる場所ですね。状態はまちまちです。
④中二階、隠れ部屋…この場所からは超高額なアンティークや骨董品などのお宝が良く出てくる場所ですがほとんど改築されていたり片付けられている秘密の場所です。

鉄道グッズや骨董出張買取の流れ

■まずはお電話下さい。日時をご相談します。

電話
★電話番号を押すと発信できます。

決済

商談成立して終了です!

★尚、メールでのお問い合わせはコチラ

★わからない事や聞きたい事などなんでも気軽に下の「LINE」からでも問い合わせできます。
勿論、骨董やアンティークもコチラから写真査定できます。(24時間OKです!)

友だち追加

①まずはクリックして「友達追加」もしくはQRコードで追加ボタンをタップして「玄燈舎」を友だち追加してください。
②次に聞きたい事や質問、写真など送って下さい。折り返しお返事致します。(少しお時間頂く場合があります)

 

〒818-0101
福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
骨董 アンティーク買取の「玄燈舎」福岡050-3569-2100