最近ではあまり見かけないフィルムカメラですが今回の骨董品出張買取では久しぶりにアンティークカメラを買取致しました。福岡市東区で壷や皿、掛軸や茶道具、着物などを査定した中でタンスの引き出しの中ほどより皮ケースに入ったレトロなカメラを発見しました。共箱で説明書も付いた状態の良いカメラです。名前は「アサヒフレックス」。写真のカメラです。

アサヒフレックス

アサヒフレックスという古いカメラは日本で最初の35mm一眼レフで、1952年に 誕生しました。一眼レフでありながらファインダーはペンタプリズムではなく、二眼レフのように 上からのぞきます。初期のアサヒフレックスI型はミラーがクイックリターンではな かったのですが、IIB型になってクイックリターンになりました。 IIA 型は 1955年の発売で、IIB型に低速シャッターがついた改良型です。シャッターはライカ等の3軸とは異なる4軸フォーカルプレーンシャッター。ファインダーは折り畳み式のウエストレベル。ピント合わせ用の虫眼鏡付き。接写でパララックスが出ないため、学術用途で特に用いられたとか。バルナックライカ並の小型さとウエストレベルファインダーが特徴の骨董品レベルのカメラです。骨董品買取の福岡玄燈舎ではアンティークなカメラを買取致します。お気軽にお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100