骨董品買取の福岡玄燈舎では古い楽器も買取を行っております。この度、福岡市西区での出張買取では掛軸茶道具、おもちゃ、陶磁器などのほかにも琴や琵琶、笛などの和楽器も査定いたしました。琴は残念ながらお役には立てなかったものの写真の三味線がありました。こちらは「津軽三味線」といって骨董品買取でもよく見かける普通の三味線とはちがい棹の太いタイプですね。
津軽三味線買取り
三味線は元々は発祥は中東とされます。その後構造的に変化しながら、インドを経て中国に入り、中国南部において「三絃」が成立します。この「三絃」が沖縄を経て畿内に持ち込まれ、江戸時代中期に日本独特の三味線となりました。以降、三味線は日本各地の土着芸能と融合して様々に発達し、当時日本最北端であった津軽地方において津軽三味線となります。 「津軽三味線」とは青森県津軽地方で盲目の旅芸人達が始めた門付け芸です。彼らは坊様(ボサマ)と呼ばれ長く蔑まれました。家々の軒先で三味線を弾き歩き、米やお金を貰って歩いたとされます。やがて民謡の旅まわり一座などで弾かれるようになり、名人達の手によってより発展して行くようになりました。楽器の特徴としては音響が大きいことがあげられます。義太夫以外の三味線で、これほどの音量を出す弦楽器はないですね。第二は器楽曲の部分が大きいことで、民謡三味線という範囲を越えて、むしろ民謡の伴奏楽器であることを忘れさせる。さらに第三の理由として、「曲弾き」といわれる超絶技巧の演奏があります。ほかの三味線音楽にも同じ部分はあるが、津軽三味線はそこにポイントが置かれている。津軽三味線は、義太夫のそれと同じく大型で、胴は大きく棹も太く、駒も大きい。撥は多く水牛製のものを使います。糸も太めのものを使うので、音に幅があり、低音がよく響きます。そして棹をやや立てて弾くスタイルです。これは放浪の琵琶法師の弾き方の影響を受けているともいわれております。このような独特の個性のある楽器ですがその価値としては材料の良しあしとつかわれるパーツの質でかなり開きがあります。骨董品買取の福岡玄燈舎では古い三味線を買取致します。お気軽にお問い合わせください。 受付年中無休 電話050-3569-2100