私どもの住んでいる九州は有田焼や唐津焼などの窯元が多いですが今回は「鍋島焼」の磁器を買取りました。古いお宅に骨董品を求めて伺うと必ず目にする焼き物は伊万里系の磁器ですね。写真は同じ古伊万里系でも少し毛色の異なる鍋島焼です。鍋島焼は「青磁」が有名ですが染付や色絵皿もまんざらではありません。しかも櫛高台で少し高めに仕上げられています。染付も金の縁で描かれている骨董磁器です。

鍋島焼買取り

櫛高台

鍋島焼の特徴として第一に挙げられることは、一般庶民に向けて製造された焼き物ではなく、当時の将軍家や諸大名に向けた献上品、あるいは贈答品として製造されていた「大名御用達の焼き物」であるという点です。献上品として製造されていたというだけあって、庶民に流通する焼き物とは明確な差別化が図られており、鍋島焼が庶民の手に渡ることは厳しく制限されていたと言います。2代藩主である鍋島光茂が残した指示書にも「最新の流行を取り入れた作品に仕上げること」「納期を確実に守ること」「不出来の作品は割り捨てること」などの記載が残されていることからも、鍋島焼がいかに特別な存在として扱われていたかを窺い知ることができます。鍋島焼にはいくつかの種類がありますが, 代表的なものは鍋島・鍋島染付・鍋島青磁です。鍋島藩窯の作品の大半は,鍋島染付と鍋島青磁です。さらに, 銹釉や濃い青色(藍色)をした瑠璃釉などを組み合わせたものもあります。 このように大事に作られた鍋島焼は時代の古さと状態の良さ、絵付けの繊細さで価値が決まります。高く売れるものはやはり変形の皿や花瓶人間国宝の青磁、色鮮やかで大ぶりな焼き物が高く取引されているようです。もちろん箱は言うまでもありません。骨董品買取の福岡玄燈舎では古い鍋島焼買取致します。お気軽にお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100