御盆も終わり少しは涼しくなるはずの福岡ですがなかな思うようにはならない物ですね。
暑い日が続く福岡市ですが先日は日本で1,2位を争う気温でした。
そんな福岡市東区より骨董品買取のご依頼がありました。
とても綺麗な「碧釉」のお茶碗です。木村芳郎さんの作品です。

木村芳郎

とても鮮やかで透き通るような紺碧のブルーですね。
此の方の工芸作品は人気が高くいつでも高評価です。
とくに茶碗は美術品としてもコレクションの評価が高いようですね。

自身の目で見た「サハラ砂漠で見上げた黒いほどに青い空」や「エーゲ海のどぎついほど濃密な青」など、様々な青の風景に魅了され、それを作品に反映しようと紺碧の釉薬の研究に取り組み、ついに代表作である「碧釉」を完成させました。
紺碧(こんぺき)の青は「木村ブルー」と呼ばれ、国内外にファンの多い木村芳郎さんです。吸い込まれるようなコバルトブルーから空色に変わるグラデーションの美しい作品の数々は日本工藝品の代表的な作品です。

骨董品買取の福岡玄燈舎では木村芳郎作品を買取致します。お気軽にお問い合わせください。
受付年中無休 電話050-3569-2100