中国陶磁の買取/福岡・骨董品|福岡市中央区にて中国陶磁や中国家具など.多数お買取り致しました。

中国陶磁器買取
現在、中国陶磁器を語るうえで、欠かせないのがやはり「白磁」と「青磁」です。「白磁」は6世紀後半から華北地方で製造がはじまりました。鉄分が少なく、カオリン質の高い白素地に無色の釉薬をかけ、高い温度で焼きあげられます。透明感のある白一色が特徴で、端正な美しさが収集家の心をとらえています。「青磁」は鉄分を含む「灰釉」を用いた磁器で、高熱で焼成されます。明るい青緑色が良く知られていますが、鉄の含有量によって、黄色がかった緑から、空色まで色味が大きく変化します。なお白磁も政治も、唐代に発達、宋代に最盛期を迎えたことで、あわせて「宋磁」と呼ばれています。どちらも窯によって独自の色が生じ、珍重されることも少なくありません。有名なのは1000年以上の歴史を持ち、今も陶磁器の名産地として有名な「景徳鎮」です。骨董業界でも人気が高いものは明代までの景徳鎮ですね。次は時代ごとに分類しました。
●新石器時代
中国の陶磁器の歴史は10,000年以上となっているのですが、その歴史は新石器時代から始まりました。ここが中国の陶磁器の最もルーツともいえる時期でもあるのです。この時代は彩陶文化と称されるものが作られ、赤っぽい陶器の素地を磨き、酸化マンガンや代赭石を用いて焼いた彩文土器が特徴的です。かつては「仰韶土器」、「アンダーソン土器」とも呼ばれていたこともあります。彩文土器は陝西、河南一帯を始まりとしている土器となっており、黄河流域、華南、華東、台湾まで広がっていきます。

●唐時代
唐時代を代表するものといえば、唐三彩と呼ばれるものです。これは黄、緑、白の3色か、またはそれに藍色を加えた4色が主流となっていますが、他に2色のものもあります。特に出土数が多いのは洛陽近傍または長安の王侯貴族などの墳墓となっているのが特徴です。ただ、こちらは土器ではなく、鉛釉を施した陶器となります。作られた主な目的は副葬用で、器物のほか、動物の形をしたものや人物の形をしたものなど、実に様々な種類があるのが特徴です。

●宋時代
宋時代になると中国の陶磁作りは更に進化し、黄金時代とまで言われています。この時期には多数の名品が誕生しており、定窯、鈞窯、官窯、汝窯、哥窯といった5つは宋時代の5大名窯とまで言われているのです。技術的にも最高度のものを駆使した作品作りを行っていた時代で、景徳鎮窯はその後の時代も活躍しました。この中で数が極端に少ないのは汝窯です。青磁窯とも呼ばれていて、幻の窯ともされていました。現存するものは70数点と非常に少ない多分、その希少性がわかるでしょう。

●明時代
明時代になるとさらに景徳鎮窯が陶磁器生産の中心的な役割を果たすようになってきます。この時代には宮廷用の陶磁器が多数作られたのも特徴です。 青花や五彩といった絵画的な加飾を施した器も人気が高く、多数作られました。
また、豆彩というのもの人気です。これは釉下彩の青花と上絵付けの色絵を併用して作られたもののこと。緑の絵具の色を使うのが特徴なのですが、この絵の具がマメの色に似ていることから豆彩といった名前が付けられました。
豆彩は数が少ないこともあり、その貴重性は非常に高く、希少価値もつきやすいです。数が少ない理由の一つとして挙げられるのが、本当に完成度が高いもの以外は破棄していたということが挙げられます。だからこそ残っている豆彩は完成度が高いものばかりなのです。また、闘彩とも呼ばれており、これは、その名の通り各色が競い合うという意味を持っていて、豆彩には緑色の他にも赤、黄、紫などの上絵具で彩色がされていることが理由です。

●清時代
清時代を迎えるまで実に様々な色釉が開発されてきたのですが、清時になるとそれが更に加速します。技術の進歩によって新たな色釉が開発されて、それを用いた技術で作られた陶磁器は中国陶磁器にとって頂点とも呼ばれる素晴らしさを見せるのです。
この時代には、粉彩と呼ばれる七宝の技法を用いて作られた磁器があります。基礎となっているのは石英の粉末と鉛を混ぜたもので、これに多くの色料を用いて器面に絵を書くことが可能です。それから、同様の技法を用いて作られた琺瑯彩と呼ばれるものは、景徳鎮と呼ばれるもので磁胎を作り、役所に属する琺瑯作と呼ばれる官営工房で絵付けをしたものをいいます。絵はエナメルで書き、宮廷画家も絵付けに加わりました。

骨董品買取の福岡玄燈舎では中国陶磁器を買取り致します。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。福岡県内は無料出張査定致しま