■福岡市からの骨董品無料出張買取のご相談を受け赤絵酒器を査定致しました。こちらのお宅には陶磁器が沢山あり柿右衛門や今右衛門などの著名な作家物がズラリありました。その中で下の写真の酒器も買取致しました。
加藤卓男の作品買取ります
このお品の作者六代 加藤卓男(一九一七年~二〇〇五年)は、古代ペルシア陶器の斬新な色彩や独創的な造形、釉調に魅力を感じ、西アジアでの長年の発掘研究を経て、滅び去った幻の名陶ラスター彩の復元をはじめ、青釉、三彩、ペルシア色絵など、高い芸術性を持つ異民族の文化と日本文化との融合に成功しました。一方、昭和55年に宮内庁正倉院より正倉院三彩の復元制作を委嘱され、約9年の研究の末、「三彩鼓胴」「二彩鉢」を納入しました。このように、学術および芸術文化に寄与した功績により、平成7年に国指定重要無形文化財保持者(人間国宝) に認定されました。

ペルシア窯

美濃焼の産地として知られる岐阜県多治見市は、3世紀前に姿を消した伝統陶芸「ペルシャ・ラスター彩」の復興の地でもあります。陶芸家の加藤卓男は、20年近くに及ぶ試行錯誤の末、長年の謎だったラスター彩の製法を再現することに成功しました。現在は息子の加藤幸兵衛が父の遺志を継ぎ、イランの関係者と密接に協力しながら、その里帰りを目指しているそうです。骨董品買取の福岡玄燈舎では人間国宝の作品買取致します。お問い合わせ 受付年中無休 電話050-3569-2100