この写真は14代酒井田柿右衛門の一輪挿しです。福岡市南区にて骨董買取に伺った際に譲って頂いたものです。昭和9年8月26日生まれで13代酒井田柿右衛門の長男です。昭和43年伝統工芸展に初入選し57年14代柿右衛門を襲名。59年日本陶磁協会賞を授かりました。重要無形文化財「濁手(にごしで)」の技術保持団体である柿右衛門製陶技術保存会会長就任後、平成11年九州産大教授。平成13年には人間国宝となり18年日本工芸会副理事長就任しましたが平成25年6月15日死去。享年78歳。代表的な作品には「濁手山つつじ文鉢」などがあります。14代は柔らかな白い磁器の地肌に赤を中心とした鮮やかな色絵を描く有田焼の代表「柿右衛門様式」の伝承者です。野の草花などを徹底したスケッチを基に華やかに描く独特の作風で、平成13年色絵磁器の分野で国の無形文化財いわゆる人間国宝に認定されています。
14代柿右衛門は学校卒業後、父(13代)からはロクロを学び、祖父(12代)からは絵と絵具の調合を学びました。そして「余白の美」を最大の特徴とする「柿右衛門様式」を学び昭和57年、14代柿右衛門を襲名しました。器の形や絵柄を決めるだけでなく40人からの職人集団の技を見守り育てる役割も担いました。

★尚、玄燈舎では骨董や着物、茶道具 書道具レトロな家具やオモチャ、古本、楽器、コレクション品、切手や
昭和の古い物など出張買取致します。骨董やアンティーク、着物をお売りになる時は是非、福岡太宰府の玄燈舎へご連絡ください。

はじめてのお客様

入口
ホームページの入り口はコチラ

電話

*上の電話番号を押すと電話がかかります。

★わからない事や聞きたい事などなんでも気軽に下の「LINE」からでも問い合わせできます。
勿論、売りたい物もコチラから写真査定できます。(24時間OKです!)