骨董品買取は福岡の玄燈舎にお任せください。骨董品 アンティーク 着物 茶道具 書道具 玩具 古本 楽器 切手 武具 贈答品 昭和レトロなどの出張買取は福岡太宰府の玄燈舎にお任せ下さい。福岡久留米北九州 宗像 古賀 太宰府 筑紫野 春日市他無料出張査定します
骨董品買取の福岡玄燈舎の店舗

勲章買取に力を入れています!

勲章買取
■日本の叙勲制度は、明治8年(1875年)の「勲章従軍記章制定ノ件」公布によって開始されました。当初は武官のみが対象でしたが、その後、文官をはじめ教育・社会分野にも拡大されました。生存者に対する叙勲は戦後一時停止していましたが、昭和38年(1963年)に再開し、翌39年4月29日に第一回目の叙勲が行われました。以後、毎年4月29日に「春の叙勲」、11月3日に「秋の叙勲」が定例的に行われるようになり、現在に至っています。勲章は元々、 国家や公共に対する勲功・功労を表彰して国から授けられる記章です。日本では大勲位菊花章・桐花大綬章・旭日(きょくじつ)章・瑞宝章・宝冠章などの種類があり、大勲位菊花章には大勲位菊花章頸飾(けいしょく)と大勲位菊花大綬章がある。昭和12年(1937)に文化勲章が設けられ、武功に対して与えられた金鵄(きんし)勲章などが良く知られている勲章の種類です。

電話
★電話番号を押すと発信できます。

■勲章の買取例を紹介いたします。

★金鵄勲章

金鵄勲章買取

◎金鵄勲章買取りました。金鵄勲章は、「功一級」から「功七級」まで7等級の功級があります。金鵄勲章は、かつて制定されていた日本の勲章の一つですが日本唯一の武人勲章とされていて、武功のあった陸軍・海軍の軍人および軍属に与えられました。金鵄章ともいうようです。「金鵄」という名前の由来は、神武天皇の東征のときに、神武の弓の弭にとまった黄金色の鵄が光り輝き、長髄彦の軍を眩ませたという日本神話の伝説に基づいているようです。写真の功五級は尉官の初叙せられる功級です。准士官、下士官の中で功労を重ねた者の功級で、兵の最高位の功級です。正章は小綬を以て左肋に佩用します。

★旭日章

旭日章買取
◎旭日章買取りました。旭日章は、明治8年4月10日に、勲一等から勲八等までの8等級で日本で最初の勲章として制定されました。章と綬の間にある金具は、日本国政府の紋章であり、皇室の副紋でもある桐の花葉をかたどっており、旭日小綬章(勲四等旭日小綬章)以上は五七花弁を持つ桐紋の「五七の桐」、旭日双光章(勲五等双光旭日章)以下は五三花弁を持つ桐紋も「五三の桐」の意匠を持っています。

★兵隊さんの勲章他

勲章大量買取
◎勲章や記章など軍隊の物を沢山買取致しました。こちらのお宅はご先祖の旧日本軍の兵隊手帳や軍服、帽子、肩章戦地の写真や出征旗、葉書など軍隊関係の物を大切に保管していたようで状態も良く高値で買取りさせて頂きました。

 

■高価買取のポイントは…

その1…アンティークや骨董的な古い物です。状態の良い物が高価です。
その2…満州や中国の勲章や旧日本海軍の勲章
その3…等級が高い勲章
その4…入手経路やストーリがはっきりしている勲章

■家の中のどこに眠っている?お宝を発掘しましょう!

殆どの勲章は忘れ去られて家の中のどこかの場所に収められています。
可能性が高い場所は…
①押し入れや着物箪笥…着物や洋服などと一緒に収められているので状態の良い勲章が眠っています。
②戸袋…とても古い骨董やアンティーク品が良く出てくる場所です。埃や汚れも溜まっていますが勲章はよく新聞に包まれて軍服と一緒に眠っているのを見かけます。
③倉庫や蔵…今まで見たことのない古い時計や骨董品が良く出てくる場所ですね。状態はまちまちです。
④中二階、隠れ部屋…この場所からは超高額なアンティークや骨董品などのお宝が良く出てくる場所ですがほとんど改築されていたり片付けられている秘密の場所です。

勲章出張買取の流れ

■まずはお電話下さい。日時をご相談します。

電話
★電話番号を押すと発信できます。

決済

商談成立して終了です!

★尚、メールでのお問い合わせはコチラ

★わからない事や聞きたい事などなんでも気軽に下の「LINE」からでも問い合わせできます。
勿論、骨董やアンティークもコチラから写真査定できます。(24時間OKです!)

友だち追加

①まずはクリックして「友達追加」もしくはQRコードで追加ボタンをタップして「玄燈舎」を友だち追加してください。
②次に聞きたい事や質問、写真など送って下さい。折り返しお返事致します。(少しお時間頂く場合があります)

 

■〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
骨董品買取の福岡玄燈舎050-3569-2100(年中無休受付)