骨董品買取は福岡の玄燈舎にお任せください。骨董品 アンティーク 着物 茶道具 書道具 玩具 古本 楽器 切手 武具 贈答品 昭和レトロなどの出張買取は福岡太宰府の玄燈舎にお任せ下さい。福岡久留米北九州 宗像 古賀 太宰府 筑紫野 春日市他無料出張査定します
骨董品買取の福岡玄燈舎の店舗

ガラス買取に力を入れています!

ガラス食器買取ります

■ガラスは昔から実際に食器として使用される他にもインテリアや装飾品としてのガラスやアクセサリー、建築資材の板ガラスやステンドグラスなど多用途に使われていました。中でも私ども骨董やアンティーク商にとっても古いガラスは貴重な物です。少しお話いたしますが最初にガラスが作られたと考えられている場所は、西ヨーロッパの人達によって「古代オリエント」と呼ばれている地方です。 紀元前1世紀ころ、「吹きガラス」の技法が発明されました。発明されたのは、古代シリアと考えられています。吹きガラスは、細い鉄のパイプの先にとけたガラスを付け、息を吹き込んでガラスをシャボン玉のようにふくらませる方法で、いまでもガラスの成形、とくにびんや容器の製造に使われています(大量生産の場合は、もちろん機械化されています)。ローマ時代には、ガラス製造は西ヨーロッパにひろがり、チェコ、ドイツ、ベルギー、フランス、イギリス、スペインなどに伝わり、それぞれに発展していきました。私たちになじみのある和ガラスの歴史は約2千年くらい前から作られていた様です。古墳時代には明らかに輸入品とわかるガラス器などが多く発掘されるようになります。飛鳥・奈良時代(7~8世紀)になると、さらに多くのガラス製品が、上流階級で使われるようになります。有名な正倉院に納められている数々のガラス製品に、その当時の状況を見ることができます。カットを施したガラス器などは輸入品ですが、小さなガラス製品、飾り具などは国産品と思われます。この時代に大量のガラス玉が日本で作られていたことが分かっています。後に天文18年(1549年)、フランシスコ・ザビエルが来日し、後に山口の領主、大内義隆にガラス器、鏡、めがねなどを贈ってキリスト教布教の許しを求めたことに始まりました。その後、海外との交流の結果、多くのガラス製品が輸入され、また、日本でも盛んにガラスが作られるようになりました。大正時代から明治期にかけて他方面で作られ使用されてきました。電気の笠やガラスコップ、ホヤ、窓ガラス、ランプや文房具、食器などに使用されるようになりました。

電話
★電話番号を押すと発信できます。

■ガラス製品の買取例を紹介いたします。

★ガラス食器

バカラ買取

◎「バカラ アルクール」を買取りました。バカラは、フランスのロレーヌ地方、バカラ村に誕生しました。バカラは製作したグラスの30-50%をバカラの水準に達しない商品として破棄しています。製造された商品のうち消費者の手に渡るのは6~7割。残りは品質基準の高さゆえに破棄されてしまう。そしてフランスの「M.O.F.」(フランス最優秀職人)を50人以上輩出しています。またバカラにはB級品は存在しません。そしてアウトレットも存在しません。バカラの厳しい水準をクリアしたグラスの中にも、ハンドメイドの特徴ともいうべき、「気泡」や「ガラスのヨレ」、「厚みのムラ」などの製造時の誤差が見られるものがありますがしかしその製品自体はB級品ではありません。逆にそのようなものを見つければお買い得ではありますので、気にならなければ手に入れるのもよいかもしれません。

★和ガラスの氷皿

氷皿
◎氷皿買取りました。このガラス皿は昭和初期の物で気泡やバリが沢山ある手作りの良さを残している氷皿です。
この時代には機械も未だ素朴で出来上がった製品も均一ではありませんでした。そのことが幸いし現代では人間味があふれる暖かな逸品といわれ重宝されています。元々、駄菓子屋や小さな食堂で使われてきた氷皿ですが今ではかき氷を入れるよりも光を通すととても綺麗なガラスなのでコレクションケースなどに入れて美しさを楽しむようになりました。

★ステンドグラス

ステンドグラス買取
◎ステンドグラス買取りました。骨董品の買取で度々、古いお家に伺いますがこのステンドグラスは大正時代の洋館に付いていたものです。イギリス製で1800年代のアンティーク物と判りました。ステンドグラスは一般的に教会にあって宗教的なもの、というイメージが強いと思いますが、今では公共建築物や学校、病院、お店、個人住宅等にもデコレーションとしてたくさん見られるようになりました。使われ方も様々で、従来の窓の役目から、照明としての天井や床など、いろいろな所に入っていたりします。和風のお家でもポイントで明り取りに採用している所がありとても素敵に取り入れていました。

■高価買取のポイントは…

その1…アンティークや骨董的なガラス製品で状態の良い物
その2…現代ものでもブランドのガラス
その3…箱が有るガラス食器
その4…入手経路やストーリがはっきりしている物

■家の中のどこに眠っている?お宝を発掘しましょう!

殆どのガラス製品は忘れ去られて家の中のどこかの場所に収められています。
可能性が高い場所は…
①押し入れ…着物や洋服などと一緒に収められているので状態の良いガラス製品が箱入りで眠っています。
②戸袋…とても古い骨董やアンティーク品が良く出てくる場所です。埃や汚れも溜まっていますがガラス製品は箱に包まれて眠っているのを見かけます。
③倉庫や蔵…今まで見たことのない古い時計や骨董品が良く出てくる場所ですね。状態はまちまちです。
④中二階、隠れ部屋…この場所からは超高額なアンティークや骨董品などのお宝が良く出てくる場所ですがほとんど改築されていたり片付けられている秘密の場所です。

ガラス製品出張買取の流れ

■まずはお電話下さい。日時をご相談します。

電話
★電話番号を押すと発信できます。

決済

商談成立して終了です!

★尚、メールでのお問い合わせはコチラ

★わからない事や聞きたい事などなんでも気軽に下の「LINE」からでも問い合わせできます。
勿論、骨董やアンティークもコチラから写真査定できます。(24時間OKです!)

友だち追加

①まずはクリックして「友達追加」もしくはQRコードで追加ボタンをタップして「玄燈舎」を友だち追加してください。
②次に聞きたい事や質問、写真など送って下さい。折り返しお返事致します。(少しお時間頂く場合があります)

 

■〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
骨董品買取の福岡玄燈舎050-3569-2100(年中無休受付)