福岡での絵画の買取は福岡玄燈舎にお任せ下さい。骨董品 古美術品 アンティーク 着物 茶道具 書道具 玩具 古本 楽器 切手 武具 昭和レトロなどの出張鑑定買取は福岡太宰府の玄燈舎にご相談ください。福岡久留米北九州 糟屋 宗像 古賀 太宰府 筑紫野 春日市他無料出張鑑定致します

■絵画の買取り実績

電話

■お問い合わせ方法

■その他の買取品目

 

■絵画の買取や鑑定は玄燈舎にお任せ下さい!

骨董品買取の福岡玄燈舎の出張買取は私が伺います
店主 私がお伺い致します

■飾らなくなってしまった絵画(日本画、洋画、現代アート作品など)はございませんか?福岡の玄燈舎では相続品などで「価値の分からない絵画や、コレクション整理で油絵や水彩画を売りたい」というお客様から、毎日多数のご相談をいただきます。
絵画は有名な作家の作品ほど非常に贋作が多く、査定士の目利きが重要となるお品物です。
骨董品買取の福岡玄燈舎では絵画の買取経験が豊富な為、価値や相場に見合った買取価格をご提示させていただきます。
日本画、洋画(日本人作家)、洋画(外国人作家)、現在アートなど様々な絵画を査定させていただきます。査定料など手数料は全て無料ですので、買取価格や価値、相場だけ知りたいお客様もお気軽にご相談ください。

 

◎以下のような絵画でもご相談ください

■真贋不明…■作者不明…■鑑定書がない…■額が無い…■保存状態が悪い…などなどお気軽にお声掛け下さい

 

■絵画の買取時によくある質問…

Ⓠどういった絵画が買取対象なのでしょうか?
A油絵や水彩画、版画であれば作品様式や銘から判断できる場合があります。日本画の場合、作者、時代、様式などから判断します。作品自体、サイン、キャンバス裏の状態、日本画の場合は共シールの有無、もしあれば来歴などの情報から総合的に判断します。

Ⓠ鑑定書や栞、箱などがない絵画や美術品は査定可能ですか?
A鑑定書や箱がなくても問題ありません。宜しくお願い致します

Ⓠ県外に在住なのですが、買取や査定をお願いすることはできますか?
A大丈夫です。遠方でも品物の量や種類でお伺いできる可能性が御座いますのでご相談ください。

Ⓠ入手経路や詳細が一切不明の品でも、査定してもらえますか?
A用途に関わらず査定・買取いたします。

Ⓠ有名作家ものでない絵画にも価値や価格が付きますか?
A作家物でなくとも評価の高いものは多数ございますのでご相談ください。

■取り扱い絵画一覧…

◎油彩

油絵買取
五姓田芳柳(1827年2月26日 – 1892年2月1日)
高橋由一(1828年3月20日 – 1894年7月6日)
百武兼行(1842年7月14日 – 1884年12月21日)
国沢新九郎(1848年1月27日 – 1877年3月12日)
山本芳翠(1850年8月12日 – 1906年11月15日)

 

 

 

 


◎水彩画
水彩画買取アルブレヒト・デューラー

ウィリアム・ブレイク

J・M・W・ターナー

トーマス・ガーティン

ジョン・コンスタブル

J・S・コットマン

リチャード・P・ボニントン

 


◎版画

版画買取

秋山巌(木版画)
東一雄(木版画)
畦地梅太郎(木版画)
富張広司(木版画)
永瀬義郎(木版画)
中林忠良(銅版画)
西田半峰 (銅版画)

 


◎リトグラフ
リトグラフ買取有地好登(銅版画、リトグラフ)
織田一磨(リトグラフ、木版画)
木村光佑 (版画家)(シルクスクリーン、リトグラフ)
菅井汲(リトグラフ、シルクスクリーン)
前田常作(リトグラフ、シルクスクリーン)
吉原英雄(リトグラフ、銅版画)

 

 


◎シルクスクリーン
シルクスクリーン買取靉嘔(シルクスクリーン)
オノサト・トシノブ(シルクスクリーン)
上矢津(シルクスクリーン)
木村秀樹(シルクスクリーン)
鶴谷登(シルクスクリーン、リトグラフ)

 

 

 

 

 


◎日本画

日本画買取『竹内栖鳳』『横山大観』『速水御舟』『小林古径』『鏑木清方』『上村松園』

★西洋、日本画の作家一覧はコチラ

■絵画・版画の査定ポイント

①作品・作家名 ある、なし

②種類:油彩、水彩、版画、日本画他

③付属品:あり、なし

④商品の状態:良い、普通、悪い

査定ポイント①及び② 作家銘

作者、サイン、技法、サイズ、額など絵画の主な査定ポイントは、作者、サインの有無、技法(油彩画、水彩画、デッサンなど)、サイズ、額などです。
もっとも大きく査定額を左右するのは、その作品の作者が誰であるかという点です。人気の作家であるか、評価の高い作家であるか、という現在の美術市場での評価が金額にも影響します。
さらにその作者の得意な技法でつくられた作品なのか、人気の図柄であるかなど、その作者らしさが出ている作品や作品の出来栄えが良い作品の場合は同じ作者の作品のなかでも市場評価が高くなります。
リトグラフなど版画作品の場合には、同じ図柄のものでも、作者本人のサインが入っている作品が評価が高く、遺族や摺師のサインのものは相対的に低い評価となります。 またいわゆる「刷り込みサイン(版上サイン)」と呼ばれるものも本人の直筆サインではないので評価が低くなります。
これらはあくまで一般論なので作者や作品の制作年代などによって個別に判断したほうが良い場合があります。また版画の場合にはエディションナンバー(限定番号)が入っているかどうかも重要です。番号以外にもE.A.(作家保存版)やHC(非売品)などの表記もあり、エディションナンバーと同等の評価になります。また同一作者の作品の場合、一般的にはよりサイズの大きいほうが市場評価は高くなる傾向にありますが、近年の日本の住宅事情から大きすぎる作品の場合、逆にその大きさが嫌われ評価が下がる場合もあります。

査定ポイント③付属品等の有無

絵画の場合で鑑定対象に指定されている作家の場合、所定鑑定機関の鑑定証書(登録番号)等が付属しているかどうかを確認します。 もちろん付属していない場合でも、査定可能ですので、一度ご相談ください。 また広い意味での作品の来歴が分かると評価が高くなる場合があります。 例えば売立目録や図録に掲載されている、展覧会出品作品である、著名オークション出品作品である、著名人所蔵品である…などといったものが例に挙げられます。

 

査定ポイント④ 状態

作品の状態

作品の状態が良好であれば、その作者や作品の市場評価をそのまま反映した査定金額になります。 一方で、油彩絵具の剥落やヒビ、版画のしみや焼けなど、状態が悪いと作品自体の評価が下がり、査定金額も下がります。 もちろん、状態の悪い作品であっても、現在の美術市場で人気の作家の作品等は、予想以上の評価になる場合もあるので、 一度ご相談いただきたいと思います。

 

電話

■お問い合わせ方法

 

 

■お客様の声…

絵画買取をご利用されたお客様の声

棟方志功買取棟方志功の「女性礼賛」をお買取りしました。

出張買取
父が収集していた版画の一つを買取していただきました。 今飾ってない絵は整理しようという話になり、今回玄燈舎さんを利用させていただきました。非常に真摯に接していただいて、とても利用しやすかったです。

福岡県福岡市 50代女性

店長より

「鯉」「鷹」「梟(ふくろう)」などの生物や「風景」「静物」など、中でも「仏」と「美人大首絵」は棟方志功を代表する非常に評価の高いモチーフで高額の査定価格になる作品が多い傾向にあります。女性の胸像をとらえて描く「美人大首絵」は、女性の中に宿る仏性への礼賛を表したとされています。


藤井勉買取藤井勉の少女画をお買取りしました。

出張買取
親戚の叔父より頂いた絵画を買取ってもらいました。素敵な絵だと思い飾っていたのですが、身辺の整理もかねて玄燈舎さんに見ていただいたところ驚くほどの高値で買取っていただけました。本当にありがとうございました。

福岡県宗像市 70代女性

店長より

秋田県に生まれる。 1971年、岩手大学教育学部特設美術科卒業。シェル美術賞展佳作賞、昭和会展優秀賞、安井賞展佳作賞受賞。1991年にリトグラフ手彩色30葉を制作。FIAC’83(パリグランパレ)個展や読売新聞社主催の藤井勉作品展、小泉智英、上村淳之、森田りえ子、小松崎邦雄と二人展など開催。繊細で可憐な少女像は画家自身の愛娘への愛情があふれている。日本を代表するリアリズムの画家である。作家自体の価値が高く、しっかりと価格をつけさせていただきました。


赤富士買取杉松儀一の赤富士をお買取りしました。

出張買取
父親が大切にしていた絵画だったのですが、身内は興味がなくどうしようか迷っていたのですが、買取に出すことにしました。父親が綺麗に保存していたことをしっかりと評価いただけてとても嬉しかったです。

福岡県筑紫野市 60代男性

店長より

昭和30年 東京生まれ、多摩美術大学卒業、今野忠一に師事、
外務省などに買い上げ実績あり作品も落款やシールもあり、全体的に保存状態がよく、その面も考慮して価格を提示させていただきました。

■絵画や版画の種類

日本画買取日本画
日本画とは、日本の伝統技法・様式に基づいて描かれた絵画を指します。
具体的には、和紙や絹に「岩絵の具」や「墨汁」を用いて毛筆で描いたものです。
明治時代、多くの作家が手がけるようになった洋画(油彩画や水彩画など)と区別するために、この呼び名が生まれました。
しかし近年では、洋画の影響を受け、日本古来の技法・様式にとらわれない方法で描く日本画家が増えています。このことから、上記の定義は不明確になりつつあります。

日本画の買取実績を見るコチラ☛


洋画(日本人作家・外国人作家)

洋画家買取洋画とは、ヨーロッパで生まれた表現技法を用いて描かれた絵画を指します。
用いる画材によって、「油彩画」「水彩画」「パステル画」「陶板画」などさまざまなジャンルに分類されます。
基本的に対象物のみを描く日本画に比べて、目に映る風景すべてをキャンバスいっぱいに描くのが特徴です。また写実表現を重視することから、立体感や遠近感までも忠実に再現された作品が多く見られます。買取実績☛

 


現代アート

楠間弥生買取現代アートとは、主にその時々の社会情勢・問題をテーマに取り上げ、メッセージ性や批評性を感じさせる作品を指します。
その起源は1917年にさかのぼるといわれています。 その年、フランスの美術家マルセル・デュシャンは、出品料を支払えば誰でも無審査で出品できる芸術展覧会に《泉》という作品を発表しました。この作品は小便器に架空の人物のサインをしただけのものであり、結果は落選。これを受けて、マルセルは「無審査であるにもかかわらず、出品を断られる作品があるのはいかに?」と矛盾点を指摘しました。
マルセルの言動は、当時の頭の固いアカデミズム(学問至上主義)を批判するためのパフォーマンスだったと考えられていますが、これによって近代美術への疑問を抱く美術家が続出します。 以後、多くの美術家たちが既存の概念にとらわれない独自の表現方法を確立しました。
この運動は絵画の世界にも広まり、現代アートの作品が生み出されるようになって現在に至ります。買取実績☛


版画

浮世絵買取版画とは、版(特定の素材を「削る」「彫る」などして作成したもの)を紙の上に刷って描き出す絵画を指します。版を重ねることで立体感や深みを演出できるほか、版の状態を維持さえすれば、繰り返し同じ作品を生み出せるのが大きな特徴です。
版として用いる素材によって、「木版画」「銅版画」「石版画」などに分類することができます。

版画の買取実績を見る ☛

 

 

 

 

 

電話

■お問い合わせ方法

 

■どのような絵画、版画でもお気軽にご相談ください

古い油絵や版画、シルクスクリーンや水彩画など骨董買取の福岡玄燈舎にお気軽にご相談ください。
どのような絵画でも、長年多くの絵画買取のを査定してきた私がしっかりと査定させていただきます。査定の結果、高額な価値の絵画や版画は相応のお値段でお買取させていただきます。洋画、日本画、中国画の種類は問いません。 どのような絵画でも査定料や訪問料などは一切いただきませんので、ご売却をお考えの絵画や版画がございましたら福岡玄燈舎にお気軽にご相談ください。

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

電話

■お問い合わせ方法

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00