◎先日は骨董品買取では仏像や江戸時代の初期伊万里の買取を致しました。
初期伊万里焼
伊万里焼は佐賀県有田町を中心とする地域で生産された磁器の総称で、有田 や三 み 川内 かわち 、波佐見 はさみ などの製品が含まれています。製品の主な積み出し港が伊万 里であったことから「伊万里焼」と呼ばれました。 伊万里焼は、佐賀藩の藩祖鍋島 なべしま 直 なお 茂 しげ が、豊臣秀吉の朝鮮出兵(1592・ 1598年) の際に、連れ帰った李参 りさん 平 ぺい をはじめとする朝鮮人陶工を中心に有田で磁器の製 造に成功したのが始まりと考えられています。 伊万里焼の中でも、江戸時代初頭の 1610 年代から 1630 年代頃までの初期の 製品は特に「初期伊万里」と呼ばれています。初期伊万里は白地に 藍 あい 色 いろ のみで 文様を表した「染付」がほとんどで、文様は中国の磁器を真似した素朴な絵柄 が多く見られます。釉薬がたっぷりとのせられて厚ぼったく、絵付けの前に素 焼を行わなかったので、大半の器には、釉薬を塗るときについた指跡が残って います。また、内底と外底には重ね焼きした時にくっつくのを防ぐために重ね る部分に挟んだ砂が付着するという特徴があります。これより後の製品には、 技術が進歩したためこうした特徴が無くなりますが、骨董 こっとう の世界では「古拙 こせつ の美」として珍重されています。日本の佐賀・有田地域で17世紀はじめに誕生した古伊万里で初期伊万里の中心は、白磁に青で文様を描いた製品です。初期伊万里は、”日本で最初の磁器製品”であると同時に”日本で最初の染付製品”でもあるのです。特徴としては形の歪み、フリモノの付着や窯キ ズ、素地や染付の不安定な発色などの特徴に、草創期らしい技術の未熟さが表れてい ます。また装飾の面では、当時国内で需要の高かった中国磁器に倣い、早期から染付 技法が用いられ、描かれた意匠にもその影響が見受けられます。
このような歴史のある焼物ですが高く売れるものはやはり状態が左右されます。金継などは景色の一部として評価されますので問題ありません。骨董品買取の福岡玄燈舎では初期伊万里やレトロなものを買取致します。お気軽にお問い合わせください。
受付年中無休 電話050-3569-2100