筑紫野市より国鉄マニアの方よりご連絡いただき出張買取に出かけました。部屋にはサボや鉄道模型、国鉄関係の雑誌や記念品がずらりと並べられておりその中で時刻表を買取りました。この時刻表は1992年の物で比較的最近の物ですが現在では見られない車両の情報などがあり貴重なものです。他には腕時計や看板なども買取させていただきました。
時刻表
駅における列車の出発時刻を時系列的にまとめた形式の時刻表は1872年(明治5年)10月(旧暦9月)、新橋・横浜間に日本初の鉄道が開業したときから存在しており、当時の錦絵[4] の片隅に描かれています。その当時は時刻を表すのに「時」ではなく「字」を使用していました。 明治5年11月9日、太政官布告第337号により明治改暦と時法の改定が発布され、翌明治6年1月1日から時法が定時法となり、「字」は「時」に改めることとなりました。運行系統全体における発着時刻を図表に網羅的にまとめた形式の時刻表は、1872年6月(旧暦5月)、品川・横浜間の仮開業のときから存在していましたが、1874年(明治7年)5月に鉄道寮が配布したものでは、「時」の表記が用いられています。
日本で最初の月刊時刻表は、1894年(明治27年)10月5日に庚寅新誌社(こういんしんししゃ・創業した1890年が干支の庚寅であった事にちなむ)が刊行した『汽車汽船旅行案内』です。この時刻表は福澤諭吉がイギリスの時刻表を元にし編纂させ、手塚猛昌が発行したものです。その後、この10月5日は「時刻表記念日」となっています。 そのような時刻表や国鉄関係のグッズは状態や時代でかなり買取値段が違います。やはり高く売れるものは骨董品と同じで状態が良いものと発行部数が少ない戦前のものに価値が出ます。骨董品買取の福岡玄燈舎では時刻表を買取致します。お気軽にお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100