福岡の大野城市に骨董品買取依頼の為、出張査定に伺いました。
古伊万里コレクターのお宅で染付のお皿や花瓶、鉢や染錦の綺麗な焼物や沈香壷などが
部屋中飾られておりました。そのすべてを見積もりして買取もさせていただきました。
ありがとうございました。
その一つの盃洗はとてもスッキリとした形と文様で一番の私のお気に入りとなりました。

古伊万里 買取

盃洗は 酒席で盃(さかずき)を洗うための水を入れる器をいいます。 一つの盃で酒を酌み交わすことにより心を通わすと考えた日本では、昔から献盃(けんぱい)や、お流れ頂戴(ちょうだい)と称し、盃がやりとりされました。 盃洗はその際に用いられるもので、料亭などでは高尚な絵付けをされたものが多くみられました。
盃洗はその酒席で目下の人が目上の人に御返盃する際に、盃をすすぐのに使われていた道具なんだそうです。目上の人にお酌する際には、盃洗で盃をすすぐか、盃洗がないときは、懐紙で拭ってから盃をお返ししてお酌をするというのが当時のマナーだったんようです。
江戸時代の『寛至天見聞随筆』という書物には「盃あらひとして丼に水を入れ」と記述があるそうですが、もともと盃洗は適当なサイズの丼や鉢を見立てて使っていたようですが、酒席により映えるようにと、次第に染付や色絵、蒔絵を施した豪華なものが登場してきたと思われます。

骨董品買取の福岡玄燈舎では盃洗や花瓶を買取致します。お気軽にお問い合わせください。
受付年中無休 電話050-3569-2100