骨董品の買取で福岡市中央区に査定に出かけました。
輪島漆器や山中塗り、籃胎漆器などを沢山買取させて頂きました。
そのほとんどが未使用品で状態の良い物ばかりでした。
ありがとうございました。
写真の重箱はその一つで牛腸漆器店とあります。
木箱付の上品な蒔絵で普段使いでも重宝しそうですね。

輪島 重箱

輪島塗は 石川県輪島市で生産される漆器です。
国の重要無形文化財としてしていされています。
輪島塗の特徴は、下地塗りで「布着せ」(壊れやすい部分に布を貼って補強する)をするところと、下地漆に「地の粉」といわれる珪藻土を混ぜた漆を使うところにあります。堅牢な漆器である秘密は、表面からでは見えないところに発揮される、職人の技にあるのです。そのほか「研ぐ」「磨く」などにも職人の丁寧な仕事が施され、ひとつの輪島塗の漆器をつくる手数は100以上とも。
そんな手間のかかる輪島塗は、それぞれの工程を専門の職人たちが分業することで、産地として漆器の生産をつづけています。

骨董品買取の福岡玄燈舎では輪島漆器を買取致します。特に蒔絵の豪華な物は高値が付きますのでお気軽にお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100