骨董品買取の玄燈舎では個人宅のほか、寺院や宗教施設の古い物も買取り致します。
今回の骨董品査定は福岡市博多区の寺院関係のお宅より大量に買取した骨董品や
仏教美術品について書きます。
京は石仏です。
下の石仏は割と小さ目で家の中や玄関にも置ける
インテリア的なものです。
狛犬や招き猫、お地蔵さんの石仏や仏像が20点ほど。

招き猫の石仏
上の写真は招き猫の珍しい石仏ですね。
あと足でからだを立て,片方の前足で手招きのポーズをしている陶製や張り子のネコ。人や財宝を招いて商売繁盛という縁起をかついで,客商売の家に飾られる縁起物の一種。そんな招き猫の仏像です。
ネコ好きの方にはたまらない骨董品です。

 

狛犬 石仏買取り

つぎのこの仏像はたぶん「狛犬」です。
私たちが神社の境内などでよく見かける狛犬は、だいたい石でできています。ところが古い時代の狛犬は、ほとんどが木でつくられています。それはなぜでしょう。平安(へいあん)・鎌倉(かまくら)という古い時代、神社やお寺で狛犬の置かれた場所といえば、門やお堂の中、つまり屋内でした。建物やそこにまつられる神像・仏像が日本ではほとんど木造なので、そこに置かれる狛犬も当然木でつくられたわけです。狛犬が屋外に置かれ、それにともなって、雨風にさらされても良いよう石造となるのは、もっとあとのことです。狛犬は狛(こま)(現在の朝鮮半島(ちょうせんはんとう))から来た犬だと考えたり、隼人(はやと)(むかしの九州南部(きゅうしゅうなんぶ)の人たち)が犬の声をまねて、天皇の警固したことにちなむと解釈したりしています。しかしその本当の起源は、仏像の前に2頭のライオン(獅子)を置いたことにあり、狛犬の形はそこから来ているのです。

骨董品買取の福岡玄燈舎では仏像や石仏を買取り致します。お気軽にお問い合わせください。受付年中無休
電話050-3569-2100