骨董品買取の福岡玄燈舎です。
福岡県筑紫野市にて書道具や骨董品美術品の鑑定依頼があり
硯や印材、手本書や墨な、掛け軸など買取させて頂きました。ありがとうございます。
今回の買取品の「筆洗」は蓮のはの形をしています。

書道具買取福岡

中国では古くから筆によって文字が書かれてきた歴史が残っています。筆の歴史は非常に長く、現代から遡ること4,000年もの歴史があるとも言われるほどです。 「筆洗」のルーツや発祥は未だ明確にはされていませんが、中国の長い書道の歴史を振り返ると、筆や硯をはじめとした書道具の発展に伴って作られたのではないかと考えられます。 また、現存する「筆洗」の多くが優れた観賞性を持つことから、「筆洗」が作られたのは単なる実用性だけでなく芸術性や工芸技術の発展を求めたがゆえのことだったのではないでしょうか。中国美術品・骨董品市場においては、明朝、清朝時代の「筆洗」が多く取引されていることから、この頃最も盛んに生産されていたことが分かります。
蓮の花はヒンドゥー教の神話や聖典には、泥の中から茎を伸ばして花を咲かせるハスの様子が、清らかに生きることの象徴としてたびたび登場します。このイメージは、仏教にも継承されていきます。仏教では、智清や慈悲の象徴とされ、死後の極楽浄土に咲く花として親しまれました。そのため、如来像の台座や仏像を安置する厨子という仏具の扉に花が彫られています。このような宗教的背景から、インド、スリランカ、ベトナムでは国花とされ、今でも多くの人に愛されています。

骨董品買取の福岡玄燈舎はご自宅にある書道具や骨董品や茶道具,おもちゃ.
仏具,絵画.着物など骨董品を専門に無料出張&買取致します。お気軽にお問い合わせください。福岡県外でもご相談下さい。
8:00~20:00 受付年中無休 電話050-3569-2100