大きな深川製磁の花瓶買取りました…このような高さがありスマートな深川製磁は珍しいと思います。
この花瓶は筑紫野市の古いお宅にお邪魔した際に譲って頂いた骨董品です。当店の口コミや評価を見た上での
査定依頼で家にはたくさんの骨董品や茶道具があるので価値や値段、相場などを教えてほしいとの事で伺いました。
深川製磁買取
深川製磁とは明治27年創業で宮内庁御用達です。艶やかな質感や『フカガワブルー』と呼ばれる透き通るような青色の染付と赤絵を特徴とする窯元です。初代深川忠次の『工藝思想』を継承しながら進化を続け、現在も国内外で愛される作品を手掛けています。1900年(明治33年)にはパリ万国博覧会に出品しています。有名な物はおもに食器や花瓶が見られますね。
牡丹模様
骨董品としての価格が高い物は変わった形や模様、色使いに特徴がある一品物、縁に金を使用したり共箱に栞が状態良く収めているなどの点が相場が高いと思われますね。時代や状態、箱の有無などで価値や価格が変わりますので保管したり長期、使用しない場合は箱に納めて治すことが高価査定のポイントです。骨董品買取の福岡玄燈舎では深川製磁を買取致します。お気軽にお問い合わせ下さい。
受付年中無休 電話050-3569-2100