骨董品買取は福岡の玄燈舎にお任せください。骨董品 アンティーク 着物 茶道具 書道具 玩具 古本 楽器 切手 武具 贈答品 昭和レトロなどの出張買取は福岡太宰府の玄燈舎にお任せ下さい。福岡久留米北九州 宗像 古賀 太宰府 筑紫野 春日市他無料出張査定します
骨董品買取の福岡玄燈舎の店舗

唐津焼買取に力を入れています!

唐津焼買取
■唐津焼は室町時代末から桃山時代にかけて、岸岳城城主波多氏の領地で焼かれたことが始まりとされています。その後、豊臣秀吉による朝鮮出兵の際に、朝鮮陶工を連れて帰り、その陶工たちが各地で窯場をつくり焼き始めたことで、唐津焼の生産量は拡大していきます。登り窯や、蹴ロクロ、釉薬法など、朝鮮渡来の技術の導入によって唐津焼は日本を代表する焼物となり、西日本では焼物のことを「からつもの」と呼ぶほどまでに有名になりました。また、古くから茶の世界では、「一井戸、二萩、三唐津」という茶碗の格付けがあるように、茶の湯の名品として多くの茶人に愛され、江戸時代には唐津藩の御用窯として発展しました。その後、藩の庇護を失った唐津焼は衰退しますが、人間国宝の中里無庵が古唐津の技法を復活させ、勢いを取り戻しました。現在は、70以上の窯元が唐津市内に点在します。作品は酒器や花器、茶器などが多いですね。代表的な物ではまず「絵唐津」です。草木や花、鳥などが描かれているのが特徴で唐津焼は日本で初めて絵がつけられたと言われています。次には「斑唐津」で唐津焼が焼かれ始めた初期から現代まで作り続けられています。白濁した釉薬を使い、表面に黒や青の斑点ができやすいことから名付けられました。最後に「朝鮮唐津」でです。二種類の釉薬を使い高温で焼くことで、自然に溶け合うコントラストを作ったもの。色のゆらめきの美しさが楽しめます。我々、骨董品を取り扱う世界でも東の「瀬戸物」に対して西の「唐津物」と言われるほど焼き物の代名詞になり、この三種の唐津焼は貴重で古いものに関しては評価はとても高いです。

唐津焼の買取例を紹介いたします

■絵唐津焼です。唐津焼の一種で慶長(1596~1615)以降、肥前各地で焼かれたもので、鉄砂釉(てっしゃゆう)で描いた文様の上に釉(うわぐすり)がかけられている焼物です。 骨董品としても人気がある陶器です絵唐津

■班唐津焼です。「まだらからつ」と読みます。斑唐津は唐津焼の一種で白濁した藁灰釉(わらばいゆう)を用います。 唐津焼が焼かれはじめた16世紀後半から現代まで作り続けられています。 器種は酒器・食器・花器・茶陶など多岐にわたりますが、中でもぐい呑みや茶碗の人気があるといえます。 藁灰釉の表面が斑状になることから斑唐津と呼ばれます。班唐津

■朝鮮唐津とは唐津焼の一種で、黒釉と白釉をかけ分けた作品を指します。 黒釉は鉄分を含む「鉄釉」であり、白釉は乳濁する「藁灰釉」が典型例といえます。 古くは桃山時代の伝世品から見られる作風です。 現代でも数多くの朝鮮唐津が作られ、黒と白の美しいコントラストが特徴です。古いものでは骨董品の中ではかなり高い価値が見いだされる焼物です。朝鮮唐津

電話
★電話番号を押すと発信できます。

 

 

 

■高価買取のポイントは…

その1…古い時代の物で状態の良い物
その2…現代ものでも在銘や箱があるもの
その3…人間国宝の作品
その4…入手経路やストーリがはっきりしている物

■家の中のどこに眠っている?お宝を発掘しましょう!

古い唐津焼は忘れ去られて家の中のどこかの場所に収められています。
可能性が高い場所は…
①押し入れ…贈答品の一つとして収められているので状態の良い品物が眠っています。
②戸袋…とても古い骨董やアンティーク品が良く出てくる場所です。埃や汚れも溜まっていますが陶磁器はよく保管されているのを見かけます。
③倉庫や蔵…今まで見たことのない古い時計や骨董品が良く出てくる場所ですね。状態はまちまちです。
④中二階、隠れ部屋…この場所からは超高額なアンティークや骨董品などのお宝が良く出てくる場所ですがほとんど改築されていたり片付けられている秘密の場所です。

唐津焼出張買取の流れ

■まずはお電話下さい。日時をご相談します。

電話
★電話番号を押すと発信できます。

決済

商談成立して終了です!

★尚、メールでのお問い合わせはコチラ

★わからない事や聞きたい事などなんでも気軽に下の「LINE」からでも問い合わせできます。
勿論、骨董やアンティークもコチラから写真査定できます。(24時間OKです!)

友だち追加

①まずはクリックして「友達追加」もしくはQRコードで追加ボタンをタップして「玄燈舎」を友だち追加してください。
②次に聞きたい事や質問、写真など送って下さい。折り返しお返事致します。(少しお時間頂く場合があります)

 

■〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
骨董品買取の福岡玄燈舎050-3569-2100(年中無休受付)