古伊万里様式の壷買取りました。伊万里焼と言えば骨董品で有名な古伊万里の大皿や壷、花瓶などが有名ですね。これは今回、骨品買取りの依頼で福岡市に出張査定に伺った際に譲っていただいた焼物です。「沈香壷」と言われる日本ではあまり日常では使用されない陶磁器です。どちらかと言えば観賞用でよく見かける骨董品ですね。

伊万里焼の壷

この沈香壷は古伊万里風の絵付けで実際はさほど古くはありませんがインテリアとして小さなサイズなので重宝されています。沈香壺(じんこうつぼ)とは、香木を入れた伊万里焼の壺で、来客時に蓋をあけて香りを漂わせた美術品の壺です。17世紀後半から18世紀後半にかけて肥前(佐賀・長崎県)で焼かれた沈香壺は、伊万里の港からヨーロッパ諸国に輸出されていました。そこで、肥前の磁器は、港の名前から国の内外で伊万里焼(オールド・イマリ)の名で呼ばれました。ヨーロッパに渡った沈香壺は、王侯の宮殿や貴族の邸宅に飾られ珍重されました。17世紀のヨーロッパを魅了した優美で華麗なスタイルは、今なお愛され続けて室内を絢爛豪華に彩ります。古伊万里とは、伊万里の港から積み出されたことから、江戸時代の有田焼をはじめとする肥前磁器をさす語ですが、古伊万里様式といった場合、「金襴手・金彩」とよばれる有田の色絵の様式を意味しています。この様式は、江戸時代の元(1688~1704)に現れ、現代にも引き継がれている有田を代表する様式です。金襴手とは、金糸を織り込んだ刺繍をした高価な織物―「金襴」(きんらん)に似た手(タイプ)といった意味です。染付の色は濃く、さらに赤や金の絵の具を贅沢につかい、花文様などを器面いっぱいに描きこんだこの様式は、経済的に豊であった元禄時代の気風を反映したものと考えられています。骨董品買取の福岡玄燈舎では伊万里焼の壷買取ります。お気軽にお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100