■福岡市で根付を買取致しました。今回はラインからご連絡で叔父様が骨董コレクターで根付を沢山持っていたので処分したいとの事で早速、出張査定に伺いました。見せて頂いた根付は約30点程。象牙の物や骨製のもの木製の物などがあり時間をかけて査定させて頂きました。根付買取
根付とは、日本の江戸時代に使われた工芸品の留め具です。煙草入れ、印籠、巾着や小型の革製鞄(お金、食べ物、筆記用具、薬、煙草など小間物を入れた)、矢立などを紐で帯から吊るし持ち歩くときに用いたそうです。根付は江戸時代から近代にかけての古根付と、昭和・平成以降の現代根付に大別されます。製作国の日本では服装の中心が着物から洋服に移り変わるとともに使う機会が減りましたが、外国人に美術面で評価されるようになり、日本国外で骨董的な蒐集対象となりました。発祥はたぶん安土桃山時代から江戸時代初期には使われていたようです。当初は手頃な瓢箪や貝殻、木、木の実などを用いていました。自然の造形をそのまま使用していた根付も、次第に細工が施されるようになり、江戸時代中期には武士や豪商のみならず、一般庶民にも需要が生まれ、意匠を凝らした根付が作られるようになりました。このような歴史のある根付ですが高く売るにはやはり状態が良く欠けがないものが相場も高いです。材質も象牙や柘植、骨などが高価買取ができます。骨董品買取の福岡玄燈舎では根付を買取致します。お気軽にお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100