◎福岡での骨董品買取の場面では度々見かける「ブリキのおもちゃ
今回は昭和20年代に作られたブリキ製の輸出品です。
ブリキのおもちゃ
ブリキとは薄い鉄板をスズでメッキしたものです。
加工しやすくさびにくいことから、19世紀ころよりヨーロッパで日用品に用いられ、やがておもちゃにも使われ始めます。
特に盛んだったのは、機械工業が発達していたドイツでした。日本でブリキのおもちゃが登場したのは、明治のこと。初めは外国の模倣が多かったのですが、次第に日本独自の優れたおもちゃが開発されます。
そして、その黄金期は戦後の時代です。持ち前の開発力と、手先の器用さで、世界で最も優れた製品が作られ輸出されていったのです。戦後の日本のブリキのおもちゃは、主にアメリカ向けに作られました。特にデザインと並んで海外からの評価が高かったのが、精巧な作りでした。そして、それを支えたのは、こだわりの職人たちの精密な技術だったのです。
「100分の1ミリの手技が生む曲線の味わい」です。
そして明治大正期の作品に見られるのは、金色が多用されていることです。「金彩」と呼ばれるこれらの作品の色使いが特徴です。そんなブリキのおもちゃのほかにも茶道具、掛軸、陶磁器なども数点買取できました。ありがとうございました。
骨董品買取の福岡玄燈舎はレトロなブリキのおもちゃ買取致します。お気軽にお問い合わせください。
受付年中無休 電話050-3569-2100