◎骨董品買取の福岡玄燈舎です。今回の買取は「看板マニア」からのお電話で見積もりに来てほしいとのことでした。伺いますと部屋中、看板やポスターだらけでした。琺瑯看板や木製看板、樹脂製の看板から国鉄系のサボや鉄道のエンブレムなど多彩な買取ができました。
下の写真は浪花千栄子さんのオロナイン軟膏の琺瑯看板です。
少し前までは田舎に行くとよく目にしたものです。
琺瑯看板買取福岡
浪花千栄子さんは1907-1973 昭和時代の女優。
明治40年11月19日生まれ。昭和5年松竹家庭劇に入座。同年2代渋谷天外と結婚します。戦後,離婚。NHKのラジオドラマ「アチャコ青春手帖(てちょう)」で人気がでます。軽妙な演技と得意の大阪弁で「祇園囃子(ぎおんばやし)」「彼岸花」などの映画や舞台のわき役として活躍します。昭和48年12月22日死去。66歳。大阪出身。本名は南口(なんこう)キクノ。著作に「水のように」があります。 余談ですが今年後半のNHK朝ドラはタイトルは「おちょやん」。「おちょやん」とは「おちょぼさん」がなまった大阪言葉で、茶屋や料亭などで働く小さい女中さんを意味する。大正から昭和の大阪・道頓堀を舞台に、芝居茶屋の女中から松竹新喜劇の前身の松竹家庭劇に参加し、2代目渋谷天外の妻となって喜劇女優としての道を歩む浪花千栄子をモデルにしつつ、大胆に再構成したフィクションとして届けるるとありました。
ただ現在はコロナウイルスで延期になるかもです。
骨董品買取の福岡玄燈舎ではレトロな琺瑯看板買取ります。受付年中無休 お気軽にお問い合わせください。
電話050-3569-2100