福岡の骨董品や美術品の買取は福岡玄燈舎にお任せ下さい。骨董品・古美術品・アンティーク・掛軸・茶道具・書道具・おもちゃ・楽器・切手・武具・絵画などの出張鑑定買取は福岡太宰府の玄燈舎にご相談ください。福岡・久留米・北九州・糟屋・宗像・太宰府・筑紫野・大野城・春日・朝倉・飯塚他無料出張鑑定致します

■ レトロなカメラ買取ました!骨董品/福岡

 

■レトロなカメラ…
福岡市城南区より仏像や茶道具、カメラの査定依頼がありました。特にカメラは戦前から戦後にかけての物が多く状態はまちまちでしたが貴重なカメラもありました。その一つで昭和30年代に流行ったリコーオートハーフSEもありました。

レトロなカメラ買取り

リコーオートハーフSE(1967年9月発売) は オートハーフEにセルフタイマー、オートスタート機能(新しいフィルムを装填した際に、自動的に1コマ目までフィルムが送られ、空写しをしなくて済む機能)が付加されたものです。鏡面シルバーと波紋柄ブラックの二色が発売されました。
元来、リコーオートハーフは、1960年代を通じて人気を博したハーフサイズカメラのひとつであります。
ハーフサイズカメラのなかでも代表的な機種です。リコー オートハーフの最大の特徴が、ぜんまい仕掛けで「フィルムを自動で巻き上げる」ということです。
1980年代より後のフィルムカメラでは電気モーターでの巻き上げが当たり前になりましたが、それに先んじること20年、すでにぜんまいによる連続撮影を可能としていたのです。さらに、露出の設定やピント合わせも不要で、操作は「押すだけ」です。誰でも使える機種なので、初めての中古フィルムカメラにもおすすめですよ。
そして、特筆なのは外観デザインは1960年代に夢見た未来そのものだそうです。なんとも夢があった時代のカメラですね。

カメラの査定は状態の良し悪しとメーカーで価格が違います。レンズ内の汚れが無いものは高額で買取できます。
骨董品買取の福岡玄燈舎ではレトロなカメラを買取ります。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休 8:00~20:00

骨董品買取の福岡玄燈舎ではカメラやアンティークを買取致します。査定や見積もりだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100

★査定のポイント

●状態…汚れや汚れの少ないカメラに高価買取で期待できます。
●作家銘や作品銘の有無…メーカーやレアな外国カメラには高価買取が期待できます。
●その他… 古いライカカメラは人気です

 

■買取品目

 

電話

■お問い合わせ方法

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00