福岡の骨董品や美術品の買取は福岡玄燈舎にお任せ下さい。骨董品・古美術品・アンティーク・掛軸・茶道具・書道具・おもちゃ・楽器・切手・武具・絵画などの出張鑑定買取は福岡太宰府の玄燈舎にご相談ください。福岡・久留米・北九州・糟屋・宗像・太宰府・筑紫野・大野城・春日・朝倉・飯塚他無料出張鑑定致します

■ フランス製の時計を買取ました!骨董品/福岡

 

■こんにちは骨董品買取の福岡玄燈舎です。先日は福岡市南区に古美術の査定で伺いました。
お茶道具に書道具、硯や掛軸、ブロンズやアンティーク時計など幅広い古物をお預かりいたしました。
本日の紹介はフランス製「ジャピーフレール」という歴史のあるメーカーの時計です。
残念ながら不動品でしたが七宝と真鍮の組み合わせが豪華で重厚な雰囲気を醸し出しております。

ジャピーフレール社は1806年に父親のフレデリック・ジャピーが創設したフランスで
オルロージュ(時計)の製造で有名なジャピー社から事業を受け継いだ三人の息子達の会社でカフェムーラン
(コーヒーミル)、タイプライター、ホウロウウェア、事務機器などの製造で有名ですがフレールは兄弟という
意味です。創業者のフレデリック・ジャピーは1749年、フランス東部のドイツ国境近いブルゴーニュ地方にある街モンベリアールの小さな村、ボークールで生まれました。彼は17歳の時、モンベリアールの時計職人であった祖父のジャック・ジョルジュ・フレデリック・ジャピーに弟子入りしました。当時、時計やその部品は各地の小さなコミュニティで、専門の職人によって手作業で製造されていました。ジャピーは24歳の時、それらを一つの工場内ですべてが行えるようにします。現存する数少ない時計製造機を購入、故郷のボークールに持ち帰り、部品と生産の品質を一括管理する新しい製造工場を作ります。これは時計の製造方法を根本的に変えることでした。機械を利用して1か所(製造工場)で部品を順次生産することで、時計部品は以前の約半分の時間で製造・組み立てることが出来るようになりました。しかしながら第二次世界大戦の終戦とともに、Japy Frères はその歴史に終止符を打ちました。

骨董品買取の福岡玄燈舎では西洋アンティークを買取致します。査定や見積もりだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100

★査定のポイント

●状態…汚れや欠品の少ないアンティークに高価買取で期待できます。
●作家銘や作品銘の有無…工房銘やメーカー名が判るアンティークには高価買取が期待できます。
●その他… 1800年代のアンティークは人気です

 

■買取品目

 

電話

■お問い合わせ方法

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00