バンジョー、ギターの買取/福岡・骨董品…
先日は福岡県春日市より楽器や茶道具、おもちゃなど買取り致しました。この古楽器はバンジョーです。国産のトーカイ製で状態も良かったので高価買取できました。ありがとうございました。

バンジョー買取福岡

こちらは1970年代の楽器で当時日本ではカントリーやフォークソングが流行っておりギターやマンドリン、バンジョーなどが数多く製造されていました。本日のバンジョーもそのころの物です。バンジョーはアメリカ アパラチア地方で奴隷として働いていたアフリカ人がアフリカの楽器の特徴を複数取り入れることで作り上げた「ゴード・バンジョー」が現在のバンジョーの元となりました。
アメリカ発祥の楽器ということもあり、主にバンジョーが使われるのは「カントリー音楽」や「ブルーグラス」といったアメリカの音楽ばかり。ジャズの歴史の始まりとなった「ディキシーランドジャズ」においても使われることが多く、アメリカ音楽が好きな人にとっては、見かける機会が多い楽器だといえます。当初は、ウリをくり抜いたものに弦を3本張っただけのシンプルな構造だったが、18世紀の産業革命で物が簡単に作れるようになったことで、形は丸く、木・竹・皮を使用したものに変化し、19世紀には工業製品として大衆音楽に使用されるようになっていきました。 その後、20世紀にはアメリカからイギリスやフランスへと広まり、アールデコの装飾が施されたり絵が描かれるようになったりするなど、さらに進化を遂げていき、現在では4弦・5弦・6弦のものや、バンジョー・ウクレレ、バンジョー・ギターなど、様々な形態に変化した バンジョーも見られますが、共通の定義としては、形が丸く皮が張っているものとなっています。

骨董品買取の福岡玄燈舎では古い楽器やギターを買取致します。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。受付年中無休8:00~20:00