銀杯の買取/福岡・骨董品|福岡市南区にて銀杯や勲章、腕時計を買取りました。銀杯は.国から記念に頂いたもののようで大切に保管されていた様子です。桐箱に入っているものもあり純銀表示の物は.高価買取させて頂きました。

銀杯買取・福岡

 

日本では古くから、長寿のお祝い記念品として親しまれてきました。100歳を迎えた方を対象に、内閣総理大臣らから贈呈されるお祝いの品も銀杯です。以前は純銀製の杯が贈られていましたが、高齢者の増加や費用負担増により、近年は銀メッキ方式へと変更されています。銀杯を売却される際には、純銀製のものと銀メッキ製のもので、査定金額が大きく異なる点にご注意ください。通常、銀として輸出される貴金属類には、純度を示す刻印(ホールマーク)が義務付けられます。刻印がない場合は要注意です。純銀でないと決まったわけではありませんが、その銀製品は品質管理がそれほど厳しくない地域で生産された可能性があります。虫眼鏡(または宝石用のルーペ)を使って製品を見てみましょう。輸出業者は銀製品に、925、900、800といった数値を刻印します。これらの数値は純良銀の含有率を示しています。900であれば90%、800であれば80%になります。純度900および800の銀はしばしば「コインシルバー」と呼ばれ、銀貨の鋳造に使われます。保管方法としては金杯や銀杯のお手入れで避けたいのは、歯磨き粉やクレンザーなどの研磨剤を使用することです。 表面が傷だらけになってしまうため注意しましょう。 汚れが目立ったら、重曹を水で溶かし、柔らかい布につけて優しく拭いてください。 つや消し部分は、重曹を水で溶かしたものを指につけ、優しくこすると劣化を防げます。ありがとうございます。骨董品買取の福岡玄燈舎では銀杯を買取致します。お見積りだけでも構いませんのでお問い合わせください。なお福岡県内は無料出張査定致します。