骨董品買取の福岡玄燈舎です。今年に入ってから煎茶道具の買取が増えて嬉しい次第です。
茶道具というと頭に思い浮かぶのは表千家、裏千家や抹茶茶碗や釜、茶掛けなどの掛軸や着物などですが
今回は福岡の大宰府にてとても古い煎茶道具ということで小さな湯飲みや急須、盃や朱泥や紫泥の陶器や菓子器
などとても上質で趣のある古美術品レベルの茶道具を沢山拝見させて頂きました。
下の写真にある小さな古い古染付の湯呑?です。
古染付 煎茶器
湯呑にしては小さいですが煎茶器としては
普通なのかな?こちらは薄造りの磁器で気を付けないと割れそうなもの。飾って楽しむ事を
お勧めします。この茶器は古い網籠に入っていて元はとても高貴な方の身近な道具として使用されていた
感じです。この網籠を見ると飴色で所々、傷みがありますが江戸時代諸域という事を考えると
かなりしっかりした状態の骨董だと思います。一方、古染付とは、中国明朝末期の天啓年間(1621~1627)を中心に景徳鎮民窯で焼成された下手(げて)の染付のことをいいます。特徴は釉薬が薄く掛かった所の釉薬が剥落して胎土を露し、まるで虫が喰ったように見える「虫喰」(むしくい)と呼ばれる自然が作り上げたデザインで、今でも茶人に愛されています。
別名では「南京染付」と言われるそうですね。
古染付の裏底には、大明天啓年製や天啓年製、天啓年造とか天啓佳器、大明天啓元年などの銘が書かれています。
中には、年号銘として成化年製、宣徳年製などの偽銘を書いた作品もあるようです。この茶器にはそのような年号はかかれていませんでした。ではまた…

 

骨董品買取の福岡玄燈舎では古染付の煎茶道具買取します。ご自宅に古い茶道具はございませんか?見かけましたらお気軽にお問い合わせください。受付年中無休 電話050-3569-2100