■于右任(うゆうじん)

于 右任は清末から中華民国にかけての政治家・軍人・書家・文化人・教育家・ジャーナリストです。
中国同盟会以来の古参の革命派で、国民政府の監察院院長として知られております。名は伯循ですが、一般には字の右任を用いて呼ばれるようです。筆名は、神州旧主、騒心、大風、剥果、太平老人など多数あります。1926年(民国15年)9月、于右任は馮玉祥による五原誓師に参加し、陝西省政府主席となります。翌年、国民聯軍駐陝総司令として、北伐に呼応する準備を整えますが4月、蔣介石が南京に国民政府を創設すると、于は国民政府委員(同年9月に常務委員)、軍事委員会常務委員に任命された。1928年(民国17年)2月、審計院院長に任命されています。1931年(民国20年)11月[3]、監察院院長に任命され、以後死去するまで30数年に渡り、この地位に終身あり続けた方です。国民党でも、第1期から第6期まで一貫して中央執行委員に選出されており1938年(民国27年)には、国防最高委員会常務委員に任ぜられています。
于右任 中国骨董
1948年(民国37年)、于右任は副総統選挙に出馬したが敗れました。国共内戦が終盤にさしかかった1949年(民国38年)に、于は台湾へ逃れています。翌年に国民党評議委員を兼任しております。彼は政治家として活動する一方、文化人としても知られ、書・漢詩などで優れた作品を残しています。

◎作品紹介

『涇原故舊記』1912年
『變風集』1912年
『右任詩存』1926年
『于右任言行録』1931年
編著『標準草書』1937年
『標準草書范本千字文』1944年
『右任文存』


 

電話

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

 

電話

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00