■有元利夫

有元はイタリアルネッサンス期のジョット、ピエロ・デラ・フランチェスカや、日本の古仏、「平家納経」などを愛し、それら「古典」や「様式」のもつ力強さに惹かれ、影響を受けたそうです。生涯に制作したタブローは400点にみたないと思われます。それらは岩絵具や顔料を色材とし、アクリル、膠等の媒剤を用いて、ごく少数の例外を除きすべてキャンバスに描かれています。女神を思わせる人物像をモチーフとした作品が多く、雲、花弁、トランプ、カーテン等をモチーフを彩る素材として好んでいます。
画家として創作活動を本格化してから2年、1978年に「花降る日」が若手画家の登竜門的位置にある安井賞特別賞を受賞しました。
その後も「室内楽」で24回安井賞を受賞しており、その実力は本物であるということをうかがわせます。
タブロー以外では、塑像や木彫、版画等の制作に意欲を見せ、水性絵具による素描も残しています。またバロック音楽を好み、自身でリコーダーの演奏もしていたそうです。

◎作品紹介

    • こもりく (1975)
    • 花降る日 (1977)
    • 望郷 (1978)
    • 遥かなる日々 (1978)
    • 春 (1979)
    • 室内楽 (1980)
    • 厳格なカノン (1980)
    • ポリフォニー (1982)
    • 音楽 (1982)
    • 出現 (1984)

■骨董品買取の福岡玄燈舎では有元利夫の作品を買取り致します。お気軽にご相談ください。


 

電話

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

 

電話

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00