■麻生三郎(あそうさぶろう)

麻生 三郎は、東京都生まれの洋画家です。
武蔵野美術大学名誉教授でもありました。戦中戦後を通して焼けただれ、焦げ付いたような暗褐色に彩られた家族を中心とした人物像や自己の内面を解体デフォルメし、闇の中から浮かび上がるように描き出す重厚な作風で知られている画家です。麻生は1943年に、太平洋美術学校で出会った寺田政明、松本竣介らと「新人画会」を結成します。この頃は自画像に加え、戦時中という不遇の時代を生きる妻や子どもをモデルにしており、ヒューマニズムに徹した絵画とは何であるかを探求すべく、並々ならぬ努力を重ねました。 画風は土色や赤褐色、灰色、黒などの重い色合いで個人的には泥臭く、人間の影の部分も見える好きな画家、作品です。

◎作品紹介

「自画像」(1937年)東京国立近代美術館 第1回美術文化協会展(1940年)出展作品
「裸婦」(1939年)大川美術館
「母子」(1948年)東京都現代美術館
「母子のいる風景」(1954年)三重県立美術館
「赤い空」(1956年)京都国立近代美術館
「人」(1960年)神奈川県立近代美術館
「胴体」(1966年)板橋区立美術館
「大きい手」(1973年)福岡市美術館
「まるいかたち」(1980年)茨城県近代美術館


 

電話

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

 

電話

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00