■井手宜通(いでのぶみち)

日本近代洋画家、井手宣通は、熊本県に生まれます。戦前は風景画や人物画を中心に描き、その豊麗な色彩使いは見るものを虜にしてきました。戦後には風景画などに加え、祭りをテーマにした作品も有名です。帝展、新文展、日展、光風会などを中心に活躍いています。その後、自ら「日洋会」を組織しました。作品は四つの時代(人物画時代、初期風景画時代、祭時代、後期風景画時代)に分けられておりますが色使いやデッサンそのすべてにおいて人間味と素朴さが出てるように思われます。

1912年(明治45年) – 熊本県上益城郡御船町に生まれる。
1924年(大正13年) – 東京美術学校を卒業後すぐに赴任していた若き美術教師富田至誠の指導を受ける。
1930年(昭和5年) – 東京美術学校西洋画科に入学。藤島武二、小絲源太郎らに学ぶ[2]。
1935年(昭和10年) – 東京美術学校西洋画科卒業、同校彫刻科に入学。
1940年(昭和15年) – 東京美術学校彫刻科卒業。在学中に帝展(現在の日展)に初入選し画壇デビュー。
1947年(昭和22年) – 朝井閑右衛門、南政善らとともに新樹会創立。
1966年(昭和41年) – 「千人行列」で日本芸術院賞受賞。
1977年(昭和52年) – 日洋展創立。
1980年(昭和55年) – 熊本県近代文化功労者として表彰される。
1982年(昭和57年) – 勲三等瑞宝章受章。
1990年(平成2年) – 文化功労者として表彰される。
1991年(平成3年) – 日展理事長就任。
1993年(平成5年) – 死去。勲二等瑞宝章受章。

◎作品紹介

富士遠望
するが湾 十国峠より
内海旭日
-内海旭日


 

電話

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

 

電話

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00