■金山平三(かなやまへいぞう)

金山 平三は、大正・昭和期の洋画家です。1935年(昭和10年)5月の帝国美術院改組問題より画壇から遠ざかったことが原因で「幻の画家」となりましたが、雪を描いた名画を多く残したことで「雪の画家」とも呼ばれていました。

金山平三

特に初期作品は雪景色を中心とする冬の風景です。軽井沢、長野から新潟、北陸の海沿いまで行っては一日中描きました。しかしながら金山は1928年に、腹膜炎を患ってしまいます。闘病生活で転機が訪れました。この頃から、和紙に油絵具で歌舞伎絵を描きはじめます。この後、歌舞伎絵が、風景活動とともに、彼の二本柱となりました。彼の画風は冬景色なので少し暗い感がありますが とても濃厚で重厚な印象を持ちます。市並みに余談ではありますが夫人の金山らく(旧姓:牧田)は、東京女子高等師範学校に入学して東北帝国大学を卒業。女性初の帝国大学卒業生です。そして東北帝国大学に在籍して数学研究を続けていたそうです。

◎作品紹介

『自画像』 (1909年、東京藝術大学大学美術館蔵)
『コンカルノーの城壁』 (1913年、東京国立近代美術館蔵)
『夏の内海』 (1916年、東京国立近代美術館蔵)
『氷辷り』 (1917年)
『雪の湖』 (1920年、東京国立近代美術館蔵)
『さびれたる寛城子』 (1921年)
『下諏訪のリンク』 (1922年、個人蔵)
『菊』 (1928年、東京国立近代美術館蔵)
『風雨の翌日』 (1933年、東京藝術大学大学美術館蔵)
『大石田の最上川』 (1948年頃、兵庫県立美術館蔵)
『筒石の海岸』 (東京国立近代美術館蔵)
『下曽我の梅林』 (1934-45年、京都国立近代美術館蔵)
『一番桜』 (1954年、兵庫県立美術館蔵)
『和井内の四月』 (1956年、東京国立近代美術館蔵)
『渓流』 (1956-64年、京都国立近代美術館蔵)
『渓流』 (1959年、兵庫県立美術館蔵)
『冬の諏訪湖』 (東京国立近代美術館蔵)


 

電話

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

 

電話

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00