■鹿子木孟郎(かのこぎたけしろう)

鹿子木 孟郎は1874年(明治7年)11月9日生まれです。岡山県出身の洋画家で肖像画を得意とした画家です。元関西美術院長、レジオン・ドヌール勲章を受章しています。彼は早くに洋画に志して松原三五郎、小山正太郎にまなび、その後渡欧3回、ローランス、ルネ・メナールに師事しました。第2回文展に出品した滞欧作「ローランス画伯の肖像」等は良く知られる作で、このほか明治神宮絵画館の「奉天入城図」支那事変に際して遊就館に納めた「南京入城図」等の大作があります。忠実な手がたい作風を示し津田青楓、吉田初三郎、斎藤与里、黒田重太郎、安井曾太郎、小林和作、前川千帆、中村研一、佐竹徳、北脇昇、藤本東一良ら多たそうでも指導したそうです。

鹿子木

略歴

1874(明治 7)年  岡山に生まれる。
1888(明治21)年  高等小学校卒業後、天彩学舎に入学。
1892(明治25)年  不同舎に入学。
1895(明治28)年  文部省教員検定試験に合格、滋賀県尋常中学校に勤務。
1896(明治29)年  三重県尋常中学校に勤務。翌年、岡山出身の妹尾春子と結婚。
1899(明治32)年  埼玉県師範学校助教諭となる。
1900(明治33)年  不同舎の学友たちと、アメリカへ出発。
1901(明治34)年  アメリカからパリへ移り、ジャン=ポール・ローランスに師事。
1904(明治37)年  帰国。
1906(明治39)年  2回目の渡仏。
1908(明治41)年  帰国、関西美術院長となる。
1915(大正 4)年  3回目の渡仏。
1918(大正 7)年  京都下鴨にアカデミー鹿子木下鴨家塾開設。
1934(昭和 9)年  鹿子木孟郎還暦記念会から画集刊行、この頃余技として日本画を描く。
1941(昭和16)年  京都で死去、67歳。

◎作品紹介

男裸体習作(後手)
海岸
山村風景
奈良の秋
婦人像
浴女
裸婦などがあります。

 


 

電話

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

 

電話

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00