■彼末宏(かのすえひろし)

彼末は昭和2(1927)年8月31日、東京で生まれますが、その後北海道へ移り、同20年北海道立小樽中学校を卒業します。陸軍士官学校へ進みますが、志望を転向して翌21年東京美術学校に入学し、梅原龍三郎に師事します。同26年梅原が退官すると、久保守に師事します。同27年同校を卒業して29年同校油画科助手となります。そして31年第30回国画会展に「森」を初出品いたします。その後、留学先のフランスでは抽象画を抜け出し、自分の感情を探りながら表すというアンフォルメル芸術がとても評判になりました。後年は、暗色をよく使い、透明感を出した、ミステリアスといえる作品をたくさん描いています。

彼末宏
彼の作風は暗い重厚な作品が多く赤、紫、黒を多用して独自の世界観を醸し出した画家の一人だと思います。

◎作品紹介

「森」「CIRQUE」「昔の戦争」「城跡」「船」「画室」「花」「工場のある街」「原始時代」「黄色いサーカスのための音楽」、「天馬」「NOIR」 などが挙げられます。


 

電話

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

 

電話

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00