■木田金次郎(きだきんじろう)

木田金次郎は漁師をしながら制作活動を続けていましたが人生に転機が訪れたのは、有島武郎との出会いでした。有島の執筆する小説のモデル画家として登場することで、名が知られることになった木田金次郎は、鉛筆を握り生涯、画家と漁師という厳しい環境で作品を描いていました。1923年に有島武郎が死去して以降、漁業を離れ画業に専念する決意を固めます。1945年、後志美術協会や全道美術協会の創立に参加いたしますが、出品はしなかったようです。戦後になってようやく画家として認められるようになり、1953年札幌市にて初個展を開催しますが1954年、洞爺丸台風による「岩内大火」により作品の大多数が焼失します。しかし1956年北海道銀行頭取である島本融の著書「銀行生誕」の挿絵を描いたことが縁で、翌年には北海道銀行東京支店にて、木田金次郎油彩小品展を開きました。またこの年、北海道新聞文化賞を受賞しています。

◎作品紹介

木田金次郎
北海道岩内町

 

電話

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

 

電話

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00