■木村荘八(きむらしょうはち))

木村は日本橋に生まれた日本人画家です。有名牛鍋チェーン店のいろはの木村荘平の八男として生まれた木村荘八は、父の死後は店の帳場を担当していながら画家を志しています。旧制中学卒業後の翌1911年(明治44年)、長兄の許可を得て白馬会葵橋洋画研究所に入学し画家を目差すこととなります。翌1912年(明治45年)、岸田劉生と知り合い親交を深め、斎藤與里の呼びかけで岸田らとともにヒュウザン会の結成に参加しました。1915年(大正4年)、劉生たちと共に草土社を結成し、1922年(大正11年)まで毎回出品します。二科展や院展洋画部にも出品を重ね、1918年(大正7年)に院展出品作『二本潅木』で高山樗牛賞を受賞されました。1922年、春陽会創設に客員として参加し、1924年(大正13年)に同正会員となりそこでも作品の発表を続けます。1928年(昭和3年)に油絵『パンの会』を発表します。

木村荘八

さらに江戸の町並みを描くことの多かった彼の挿絵は、どこか下町風情のある人間の描く恋模様や日常など、幼少時に下町で過ごした彼でなければ描く事のできないリアルなタッチで評判になりました。彼の画風は見るものに親しみやなつかしさ人情など様々な感情を垣間見せます。

◎作品紹介

パンの会(油絵、1928年)
牛肉店帳場(油絵、1932年)
新宿駅(油絵、1935年)
猫の銭湯(木版画、1945年頃)


 

電話

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

 

電話

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00