■小野末(おのすえ)

小野末は新潟県出身の洋画家です。1910年に生まれ、1933年に新潟師範学校を卒業後の翌年、上京し安井曽太郎に師事、寺院や静物画を中心に描きます。代表作としては「街の景色」「市街展」などがあります。本名は末吉です。13年2回一水会展に初入選、同18年7月一水会展で「早春」などで一水会賞を受賞します。戦後の同21年一水会会員となります。同23年10回一水会展に「華街展望」で一水会優賞を受賞しその後、同24年一燈園新人賞、同25年第1回アトリエ新人賞を受賞いたします。同26年一水会委員となるが、同47年には一水会を退会しました。この間、一水会展、個展の他、現代日本美術展などに出品しています。31年に設置された安井曽太郎記念会の運営に携わり、安井賞の評議員、運営委員もつとめます。56年、東京、大阪の高島屋で個展「砂漠の歌」を開催、「乾いた湖」「カボルカの砂丘」など大作15点を発表し、翌年この個展により昭和56年度芸術選奨文部大臣賞を受賞しました。そんな小野末の作品はとてもポエムな色遣いが特徴で作品の上から砂糖を散りばめたようなお菓子のようなケーキ色の風景画や色彩が特徴の作品と感じます。とても大好きな作家のひとりです。

◎略歴

1910年 新潟県に生まれる

1934年 安井曽太郎に師事

1938年 一水会展初入選

1943年 一水会賞

1948年 一水会優賞

1949年 一燈園新人賞

1950年 アトリエ新人賞

1959年 国際具象派協会創立に参画

1960年 渡欧

1978年 東京セントラル美術館と梅田近代美術館で回顧展

1979年 新潟県美術博物館にて「県人作家三人展」開催

1981年 高島屋(東京、大阪)で個展

1982年 芸術選奨文部大臣賞

1985年 逝去 享年74歳


 

電話

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

 

電話

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00