■大久保作次郎(おおくぼさくじろう)

大久保は大阪市生まれの洋画家です。1915年東京美術学校西洋画科卒業し研究科に進み、1918年修了します。1916年-1918年文展特選。1923年渡仏して1927年帰国そして帝展審査員を務めます。1935年多摩美術大学教授を務めます。現在奈良国際ホテルのロビーにあるボチチェリーの壁画模写は滞欧中の作品です。昭和14年、鈴木千久馬、中野和高、安宅安五郎らと創元会を結成し、17年迄同展に出品していました。戦後は日展に出品、審査員となり、他に旺玄会々員となり、30年には、和田三造、川島理一郎、吉村吉松、柚木久太と共に新世紀美術協会を結成しています。彼の画風は大正ロマンのあたたかな色使いで優しい色彩が多いのが特徴です。戦前、戦後にかけての絵葉書にも使用されている日本の洋画家の代表的な一人ですね。

◎作品紹介

三月の日 1917 東京国立近代美術館

揺藍 1921 京都国立近代美術館

カーニュ・シュール・メール 1925 東京国立近代美術館

マルセイユの魚売り 1927 東京国立近代美術館

街角の魚店 1927 京都国立近代美術館

舟遊図 京都国立近代美術館

船団護送 1943  東京国立近代美術館

花苑の戯れ 1948 東京国立近代美術館

木陰の憩い 1952 京都国立近代美術館

饗宴の卓 1955 京都国立近代美術館

市場の魚店


 

電話

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

 

電話

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00