■オディロン・ルドン

植物学から大きな影響を受けたルドンは、1840年フランスのボルドーで生まれます。子供のころから絵を描き始めるが、ルドンはカミーユ・コローなどの洋画から大きな影響を受けます。また、20歳の頃には、植物学者アルマン・クラヴォーと知り合い、植物学や、顕微鏡など様々なことを学びました。後にルドンは版画で植物学の影響のみられる作品をたくさん書いています。

ルドン

ルドンはもっぱら幻想の世界を描き続けました。象徴派の文学者らと交友をもち、象徴主義に分類されることもあったようです。そして彼の画風の変化で鮮やかな色彩を用いるようになったのは50歳を過ぎて、特に油彩、水彩、パステルカラーが印象的です。なかでも花瓶に挿した花を非常に鮮烈な色彩で描いた一連のパステル画が知られています。全体に初期の作品は抽象的で少し冷めたような感じでシャビーな印象の画風です。

◎作品紹介

眼=気球(1878)
自画像(1880)
蜘蛛(1887)
閉じた眼(1890)
シタ(1893)
キュクロプス(1898-1900頃)
丸い光の中の子供(1900頃)
オフィーリア(1901-02頃)
仏陀(1904)
オルフェウスの死(1905-10頃)
ペガサスに乗るミューズ(1907-10頃)
トルコ石色の花瓶の花(1911頃)


 

電話

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

 

電話

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00