■上野山清貢(うえのやまきよつぐ)

上野山清貢は北海道生まれの洋画家で、大正から昭和時代に活躍した画家です。北海道を題材とした作品を多く描いており、「和製ゴーギャン」とも呼ばれていました。上野山清貢の代表作品が「サイパンにて」です。
1911年上京し、太平洋画会研究所に学び、黒田清輝、岡田三郎助に教えを受けます。1915年作家・素木しづと結婚しましたが1917年しづが死去。関根正二、竹久夢二、津田青楓のほか、谷崎潤一郎、久米正雄、広津和郎ら文学者とも交友しております。1924年帝展初入選しさらに、1926年より帝展特選を続けます。1929年武蔵野洋画研究所を開き。広田弘毅と親しくなり、北海道の風景、アイヌなどを描いた画家です。。戦後は日展に出品。1955年には釧路に滞在し、増田誠とともに世界一周旅行を企図しますが。旅行は上野山の病のため断念されます。増田は1956年に釧路を引き揚げて上京し、1957年には渡仏を果たしていましたが上野は1960年に老衰のため死去います。上野の画風はどこかユニークで豪放で漫画チックな印象を受けます。人間的にも温かみと豪快さがあったと思われます。

◎作品紹介

「ムッシュOの肖像」(1915年)(福島県立美術館)
「ヴァン・マリアとその息子」(1925年)(宇都宮美術館)
「ある夜」(1928年)(北海道立近代美術館)
「室内」(1928年)(北海道立近代美術館)
「硫黄山」(1943年)(北海道立旭川美術館)
「さけ」(年代不詳)(釧路市立博物館)
「裸婦」(年代不詳)(札幌芸術の森美術館)


 

電話

[福岡市内外全域および各地域の買取エリア]
福岡市中央区|南区|博多区|城南区|早良区|東区|西区他 [福岡北九州市全域] 八幡東区|八幡西区|小倉北区|小倉南区|戸畑区|若松区|門司区他 [福岡県内一円] 福岡県うきは市|みやま市|三井郡|三潴郡|福岡県中間市|久留米市|京都郡|福岡県八女市|八女郡|古賀市|嘉穂郡|福岡県嘉麻市|大川市|大牟田市|大野城市|太宰府市|福岡県宗像市|宮若市|小郡市|春日市|福岡県朝倉市|朝倉郡|柳川市|田川市|田川郡|福岡県直方市|福津市|筑後市|筑紫郡|福岡県筑紫野市|築上郡|糟屋郡|糸島|行橋市|福岡県豊前市|遠賀郡|鞍手郡|福岡飯塚市他[その他、近隣地域] 佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域他 ■掲載外の福岡の地域もお気軽にご相談ください。

■買取品目

 

電話

「骨董品買取の福岡玄燈舎」

〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺1-19-25-2F
☎050-3569-2100 受付年中無休 8:00~20:00